文大統領「中国、北核解決によく多くの役割を」…習主席は硬い表情で「北と血盟」突発的発言

文大統領「中国、北核解決によく多くの役割を」…習主席は硬い表情で「北と血盟」突発的発言

2017年07月17日09時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領
  6日に行われた文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後の最初の韓中首脳会談で中国の習近平国家主席が述べたと青瓦台(チョンワデ、大統領府)が明らかにした「北朝鮮との血盟」という表現は、当初の原稿になかった突発的な発言であることが分かった。中国の国家主席は過去の首脳会談であらかじめ準備した原稿に基いて発言したという点で、習主席の突発的発言は極めて異例だ。

  ソウルの外交消息筋によると、20カ国・地域(G20)首脳会議で初めて会った文大統領と習主席の会談は当初、和気あいあいとした雰囲気だったという。しかし文大統領が「北核問題解決のための中国の努力がまだ十分でない。より多くの役割をしてほしい」という発言をすると、雰囲気が突然変わったと消息筋は伝えた。

  習主席は表情がやや硬くなり「中国は最善の努力をしている」と反論し、「中国と北朝鮮はいわゆる『鮮血で凝固した関係』だったにもかかわらず」という言葉を述べたという。「鮮血で凝固した(鮮血凝成的)」という表現は血盟をう回的に表現する時に中国が使う表現だ。別の消息筋は「会談の序盤、習主席は文大統領に好感を表現するように明るい表情だったが、文大統領の該当発言の直後に表情が変わったようだ。納得できないというような感じだったと聞いている」と伝えた。最近、中国側の関係者らと接触した別の消息筋は「首脳会談後に中国で首脳会談の関係者に会ったが、朝中関係に関する言及は発言資料になかったと話していた」と伝えた。

  習主席が発言することになった脈絡も会談直後の青瓦台の説明とは正確性に差があった。青瓦台の関係者はブリーフィングで「習主席が『北朝鮮と血盟の関係を結んできたし、25年前に韓国と国交を結んだ後、多くの関係の変化があったが、その関係が根本的に変わるのではない』という趣旨で話した」と説明した。会談の2日前に大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星14」を発射した北朝鮮を中国が「血盟」と強調し、あたかも肩を持つように見える発言だった。

  しかし外交消息筋は「習主席は朝中関係に言及しながら実際には『いわゆる』という言葉を前に付けたという」とし「過去に北と『いわゆる』そういう特殊な関係だったということを否定することはできず、それでも現在最善を尽くしているという点を強調しようという意味だった」と説明した。ブリーフィングの過程で「いわゆる」という言葉が抜けて内容が誤って伝わったということだ。

  意味が正確に伝えられなかったため、10日の国会外交統一委でもこれに関する問答があった。朴炳錫(パク・ビョンソク)共に民主党議員は質問で「中国共産党の関係者と9日に1時間半ほど会ったが、『習主席が今の朝中関係を血盟関係と述べたことはない』という話を繰り返し強調しながら『虚偽報道』という表現まで使った」と伝えた。これに対し当時の会談に同席した康京和(カン・ギョンファ)外交部長官も「伝統的な朝中関係が血盟だったという意味」とし「過去の関係を規定するレベルで使ったと記憶している」と答えた。

  千英宇(チョン・ヨンウ)韓半島未来フォーラム代表(元青瓦台外交安保首席秘書官)は「血盟という敏感な言葉に過度な意味づけをし、中国と北があたかも過去の関係に戻ったように伝えるのは韓中関係にプラスにならない」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事