【コラム】金持ち中国人観光客を韓国に誘致するためには

【コラム】金持ち中国人観光客を韓国に誘致するためには

2017年02月02日09時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  旧正月連休の際、中国人観光客の韓国訪問の推移をめぐって様々な意見が出ている。昨年、高高度防衛ミサイル体系(THAAD)配備の決定による余波で游客(中国人観光客)が減って観光業界や商人が困難を強いられているという分析と、かえって訪問客数が昨年より若干増えたという主張がぶつかる。

  韓国観光公社による游客の入国統計を調べた。今年の旧正月連休の5日間(1月27~31日)入国した游客は約10万人と暫定集計された。団体と個別旅行客を加えた数値だ。昨年の旧正月連休の5日間(2月7~11日)入国した游客は9万2000人。それぞれの旧正月連休で比べると游客の訪韓が約8%増加した。だが、昨年と同じ期間(1月27~31日)に10万5000人が入国したことに比べれば、5%ぐらい減少した。商人が体感する落ち幅が大きいかもしれない。このような状況なので見方や立場によってそれぞれ異なることが分かる。

  韓国観光当局は、たとえ游客数が減ったとしても単にTHAADだけから原因を見出すわけにはいかないという。中国の景気低迷や人民元安によって中国から海外に出るアウトバウンドの増加率が減少した上に、游客をめぐる無限競争が始まったということだ。

  見方を拡大すれば、間違った話ではない。モロッコ・チュニジア・トンガ・ロシアが最近、中国人を対象にビザの免除や条件緩和を実施している。游客がどこに動くかによって国家の国内総生産(GDP)も動く。2015年、海外旅行をした中国人は1億2000万人、彼らの消費額は1045億ドル(約11兆8000億円)だった。中国国家観光局は2020年に游客数が2億人になるものと見通している。

  グローバル旅行業界は特に金持ち中国人の旅行パターンの変化に注目する。マーケティング調査会社アジリティの「2016中国旅行消費者調査」によると、世帯所得20万人民元(約331万円)以上の高所得層は買い物よりは多様な体験を好んだ。旅行先でしてみたい活動として一つ目は現地の食べ物やグルメ体験、二つ目はサファリのような自然観光を選んだ。買い物はその次だった。免税店と買い物観光に偏った韓国の競争力が懸念されるところだ。過去1年間訪れた旅行先は、香港・東京・ソウルの順だったが、今後1年以内に行きたい場所はモルディブ・パリ・東京の順だった。「80後」(1980年代生まれ)と「90後」(1990年代生まれ)世代は、冒険をより好み、リスト上位にモロッコやブータン、メキシコが上がった。

  旅行先を選ぶ際、最も重要な基準は安全(18%)で、歴史遺跡(14%)をあげた。(ホテルズドットコム「2016中国人海外旅行報告書」)。安全はテロや自然災害からの保護だけでなく、健康まで含む。2015年のMERS事態、今年の鳥インフルエンザの拡散は游客が訪韓を避けた理由の一つかもしれない。ホテルズドットコムの中国サイトによる人気都市ランキングで韓国は5位(2014年)から8位(2015年)に下がった。それにもかかわらず、韓国は地理的に近く、少ない費用と時間で海外旅行ができるというメリットを持っている。そのメリットを生かすためには、より戦略的に取り組む必要がある。

  パク・ヒョニョン/ライフスタイル部次長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事