チョン・ジヒョン 「食いしん坊」ソン・ヘギョ「キツツキ」韓流スターニックネームが話題

チョン・ジヒョン 「食いしん坊」ソン・ヘギョ「キツツキ」韓流スターニックネームが話題

2006年04月03日11時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国の芸能専門誌である週刊娯楽最新号は、ペ・ヨンジュン、クォン・サンウ、パク・ウネ、チ・ジニ、ソン・ヘギョ、チョン・ジヒョンなど韓国トップスターの中国での愛称などを公開した。

  韓流スターの愛称までファンに大きい感興を催すほど、中華圏で彼らの人気はうなぎのぼりだ。

  特に週刊娯楽は約20ページが韓流スターの近況で占められた。

  ◆「食いしん坊」チョン・ジヒョン--『猟奇的な彼女』で演技のうまさで強い印象を与えた全智賢(チョン・ジヒョン)は、立派なのは演技だけではなく、食欲も旺盛で、毎食ご飯3杯に、デザートもよく食べるので友人は「食いしん坊」という。

  ◆「キツネ」ことキム・ヒソン--いち早く韓流スターとして中国に進出した金喜善(キム・ヒソン)はキツネというニックネームをもつ。彼女の話しぶりがとてもかわいく、とても利口に見えるからとついた名前だ。

  ◆「カリスマ」ペ・ヨンジュン--現在、日本全域で韓流熱風を起こしている「メガネの王子」ことペ・ヨンジュンをいう。申し分のないマスクとおだやかな口ぶり、良いマナーはまるで名門の貴公子のようで、移動のたびにボディーガードが付くなど威風も堂々たるもの。それでカリスマダンディという。

  ◆「キツツキ」ソン・ヘギョ--韓国のスター宋慧喬(ソン・ヘギョ)は『オールイン』の視聴率がアップして人気を集めている。ソフトでおだやかな女性を演じているが、日常生活では早口で、まるでキツツキが話すようだという。周囲の人々もよく聞き取れないと友人がつけた別名だそうだ。

  ◆「韓国のアンディ・ラウ」ことチ・ジニ--『大長今』(『宮廷女官チャングムの誓い』)でミン・ジョンホを演じる池珍煕(チ・ジニ)は目鼻立ちがはっきりしていて華やかに笑うが、その目元はアンディ・ラウとそっくりで、香港では「韓国のアンディ・ラウ」と呼ぶ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事