<野球>11月だけで3敗…台湾が強い理由

<野球>11月だけで3敗…台湾が強い理由

2006年12月01日11時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ジンクスだろうか、実力だろうか--。

  韓国野球がまた台湾に苦杯をなめた。アジアチャンピオンズリーグであるコナミカップで三星(サムスン)がラニュー・ベアーズに負けるなど11月だけで台湾との国際戦で3連敗している。1998年、バンコクアジア大会以後、台湾との国家対抗戦戦績も7勝8敗と劣勢だ。台湾は先発投手が海外で活躍する選手8人が出場した一方、韓国は国内派選手たちだけで代表チームを組んだが「まさか」と、野球ファンらの衝撃は大きい。2003年アテネ五輪出場権がかかった札幌アジア選手権大会のとき、台湾に4-5で負けたキム・ジェバク監督は今回、雪辱のためまた指揮官についたが、この日敗北で「国内用」だという批判から逃れられなくなった。

  台湾が韓国に強い理由は大きく2つだ。野球が国技である台湾は1970~80年代、世界最強の戦力を誇ったリトルリーグの底辺を土台に韓国より堅いインフラを構築している。台湾高校野球チームは80、大学チームが30に達する。70年代後半に50を超えた韓国高校野球チームは今年56チームが登録されている。またプロ野球も82年に始まった韓国は8チームにすぎないが、台湾は6チーム(90年~)からどんどん増える傾向にある。特にニューヨーク・ヤンキースのエースとして定着している王健民ら海外で力をつける選手の数も10人を超す。

  第2、台湾の選手たちは韓国に全力を尽くしてくる。まるで韓国選手たちが日本との試合には特に力を入れるように、だ。

  台湾野球に詳しいチョン・ソンジュLGスカウトは「台湾は野球が最高の人気スポーツだ。中国を破ることができる種目は野球が唯一だという判断のもと、政府の支援が大きい。特に国際大会で活躍の著しい選手は、韓国のように兵役の優遇措置を与える。それで韓国に勝つために総力を傾ける」と話す。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事