【コラム】「文在寅ゴルフ」に込められた民心(1)

【コラム】「文在寅ゴルフ」に込められた民心(1)

2018年11月20日14時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領
  先週、数人の友人が集まった夕食の席である友人が「文在寅(ムン・ジェイン)ゴルフ」を知っているかと尋ねた。4人一組でラウンドする場合にする賭けゴルフの最新規則という。その友人の説明はこうだ。各自10万ウォン(約1万円)ずつ出し合って集めた40万ウォンを賞金にスタートし、各ホールが終わるたびに10万ウォンを成績順に分け合う。4ホールを終えれば賞金はすべてなくなる。その後からは賞金を獲得した人から毎回賞金を集めてホールごとに分け合う方法で18ホールまで進める。

  ゴルフをしない文大統領の名前を入れた賭けゴルフ、それ自体がナンセンスだ。この方式で競技をする場合、円満な進行が可能なのかも疑問だ。にもかかわらず文在寅ゴルフが酒の席で話題になるということは何を意味しているのか。ひとまず持っているお金をすべて使い果たし、その後の問題は持つ人から奪って解決すればよいというのが文在寅政権の国政哲学だと冷笑する人が増えているということではないだろうか。冗談を真剣に受け止めるわけではないが、文大統領に対する不満が社会の一部で強まっているのは事実のようだ。

  最近会ったある友人は文大統領に対する失望感を露骨に表した。李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)政権に強い怒りを表していたその友人は光化門(クァンファムン)ろうそく集会にも熱心に参加した。文大統領に対する期待も相当なものだった。しかし今、その友人は文在寅政権の「無能」と「不通」に憤りを感じている。自分を支持しなかった人まで含めてみんなの大統領になると述べたが、「自分の支持者」ばかり起用する姿に失望したという。他人の意見には耳をふさぎ、自分の考えばかりを押し通す姿には朴前大統領の顔が重なって見えるとまで語った。

  所得主導成長を核心にした経済政策が成果を出せなかった責任から文大統領は先日、金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相と張夏成(チャン・ハソン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)政策室長を更迭した。政策室長には自分の最側近であり「王首席」として通じる金秀顕(キム・スヒョン)前社会首席秘書官を任命した。さらに与党からもその人はいけないという意見が多かったが、結局、自分の考えを押し通した。誰が何を言おうと「自分の道を突き進む」という我執と独善にぞっとする。このままでは折れてしまうかもしれないとも感じる。

【コラム】「文在寅ゴルフ」に込められた民心(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事