眉をひそめさせた韓国特使5人衆の金正恩面前“必死メモ”(1)

眉をひそめさせた韓国特使5人衆の金正恩面前“必死メモ”(1)

2018年03月07日15時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
眉をひそめさせた韓国特使5人衆の金正恩面前“必死メモ”
  個人はもちろん国家間の関係で形式が内容を支配する場合が少なくない。礼儀作法や外交・儀式はその反映物だ。南北当局間の接触では特に格と手続きが重要視される。これを軽んじて会談が失敗に終わることがあれば、所期の成果を上げたとしても、結局、不覚を取ることもある。分断と体制対決の産物だとみることもできるが、今も南北関係は敏感なイシューであるためだ。1泊2日の平壌(ピョンヤン)訪問を終えた大統領特使団はこのような側面で多くの残念な部分と課題を残した。

  5日午後6時、平壌中区域の労働党中央委庁舎。接見室に入った金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は笑顔を見せながら鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長をはじめ5人の特使団と挨拶を交わした。大統領の紋章である鳳凰金箔封筒に入れられた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書が手渡された。席に就いた正恩氏は前もって準備したメモを広げて平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)と韓半島(朝鮮半島)情勢、南北首脳会談などに対する自身の立場を明らかにした。

  正恩氏が口を開くと、鄭室長をはじめ徐薫(ソ・フン)国家情報院長ら特使団5人はいっせいに懐の中から手帳を取り出した。そして正恩氏が言及した内容について事細かにメモを取っていった。北側の同席者である金英哲(キム・ヨンチョル)党統一戦線部長と正恩氏の妹・金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長も同じようにメモを取った。一瞬にして面会場は正恩氏の発言を書き取る雰囲気に変わった。北朝鮮の官営の宣伝・扇動メディアはこの瞬間を逃さなかった。

  翌日の労働新聞1面には、正恩氏が特使団と面会する様子が全体紙面にわたって大きく掲載された。

  ここには正恩氏の前で熱心にメモを取っている鄭室長をはじめ特使5人衆の姿をさまざまなアングルで撮影した写真が複数枚載せられた。官営朝鮮中央通信は金英哲氏と与正氏がペンを置いている瞬間も南側特使団が熱心にメモを取っている写真を伝えた。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時、国家情報院次長を務めた廉燉載(ヨム・ドンジェ)成均館(ソンギュングァン)大学招へい教授は「首席を務めた鄭義溶室長までペンを持ってメモするのは不適切に映る」とし「同席者のうち1、2人がメモすれば充分だったはずだが、なぜこのような状況になったのか残念だ」と述べた。特使団が事前に緻密な協議を通じて役割分担をすべきだったのに、これを軽く考えたためだという説明だ。本意ではなくとも、北朝鮮に「金正恩同志のお言葉を漏らさず書き取る南朝鮮大統領の特使団」という宣伝口実を提供したという批判が今さらながら北朝鮮関係部署内外から出ている。

眉をひそめさせた韓国特使5人衆の金正恩面前“必死メモ”(2)


眉をひそめさせた韓国特使5人衆の金正恩面前“必死メモ”(3)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事