韓経:韓国、LNG輸入の37%をカタールに依存…需給に注目

韓経:韓国、LNG輸入の37%をカタールに依存…需給に注目

2017年06月19日14時43分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)など中東および北アフリカ9カ国が世界最大の天然ガス生産国カタールと断交したことを受け、韓国国内のエネルギー需給と産業界に及ぼす影響に関心が集まっている。カタールは韓国の最大の液化天然ガス(LNG)輸入国であり、サウジアラビアは韓国の最大の原油輸入国だ。今回の断交事態が「敵か味方か」という争いになる場合、エネルギー需給問題が浮上するという懸念が出ている。

  カタールと長期契約を結んでLNGを輸入する韓国ガス公社は、カタールからのガス輸入に支障はないと把握している。しかし断交事態が長期化すればLNG需給問題が膨らむだけに状況を注視している。韓国はLNG輸入全体の37%をカタールに依存している。

  断交事態が中東の金融問題や投資資金の流出につながる可能性も提起されている。カタール投資庁(QIA)は国際金融市場の「大手」だ。ドイツ自動車企業フォルクスワーゲン、米国宝石企業ティファニー、石油企業ロイヤル・ダッチ・シェルなどの株主だ。韓国投資公社もQIAと20億ドル(約2200億円)規模のグローバル投資ファンドを運営している。

  韓国政府はカタール断交事態が地域の建設工事に及ぼす影響もモニタリングしている。現代建設・GS建設・大宇建設など国内17社は計26件・110億ドル規模の建設工事をカタールで進行している。長期契約のためすぐに大きな影響が生じることはないが、建設資材や装備の移動に支障が生じないか注視しなければならない状況だ。

  スポーツにもカタール断交事態は影響を及ぼした。サッカー韓国代表は14日、ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選でカタールに2-3で敗れた。韓国がカタールに敗れたのは33年ぶりだ。韓国代表はUAEで練習をしてからカタールに移動する計画だったが、断交事態で交通が途絶え、クウェート経由でカタールに入国しなければならなかった。

  以前までカタールは「ドーハの奇跡」として記憶されていた。1993年にドーハで行われた米国W杯アジア最終予選最終戦でイラクが日本を相手に後半ロスタイムに劇的な同点ゴールを決めたことで、韓国代表が日本を上回ってW杯出場権を獲得した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事