本当の歴史学者は「民族の優秀性」叫ぶ時間に真実を追求する=韓国(1)

本当の歴史学者は「民族の優秀性」叫ぶ時間に真実を追求する=韓国(1)

2015年09月30日09時52分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李離和(イ・イファ)先生の夫人の母は当初、結婚に反対していた。しかしテレビや新聞に登場するのを見て「私の婿」と近所の人たちに自慢していたという。
  「私は50年以上にわたり韓国史を勉強し、研究してきました。歴史はあまりにも多くの話があり、研究すればするほど深みと幅、価値と教訓が途方もないことを実感します」。『李離和(イ・イファ)・韓国史の話』(ハンギル社)改訂版の序文に出てくる言葉だ。22冊と別冊(用語・年表辞典)で構成されている。民族の形成から解放直前の状況までを扱い、韓国史の貴重な価値を悟らせる。話体叙述で大衆の「歴史学的想像力」を刺激する。50万部売れたこの国史叢書の著者、李離和(イ・イファ)先生(78)に会い、歴史の話を聞いた。

  --改訂版の強調点は。

  「大きく焦点は2つある。中国の東北工程とさらに深刻な安倍政権の歴史歪曲に対抗するために必要な修正を加えた」

  --何を修正したのか。

  「初版が出た後、不足した部分はずっと修正してきた。年度の誤りもあったし、多くはないが漢文文献を誤読したものもあった。例えば申叔舟(シン・スクジュ)夫人の死亡年度に関連する記述に誤りがあった。門中から連絡があり、謝罪した。大きな枠で見ると申叔舟を民族文化に寄与した人物として肯定的に描いたため理解してほしいと了解を求めた」

  --この本が解放後の内容を扱っていない理由は。

  「徐仲錫(ソ・ジュンソク)成均館大名誉教授など後輩の学者が私よりこの時期についてより詳しく知っているからだ」

  --歴史の清算は可能か。歴史は自ら清算されるのではないのか。

  「親日派の子孫が先代の過ちについて反省すればよい。反省せず歴史を歪曲しようとすると問題が発生する」

  --先生はどんな批判を受けているのか。

  「3つの方向で批判が入ってくる。まず、古代史と関連する部分だ。私を逆賊扱いする人たちもいる。私の立場は科学的な歴史学をするべきというものだ。檀君が大帝国を建設したなどという臆説は排除しなければいけない。次に、私を『共産主義者』だという。決してそうではない。私は徹底的に民主主義信奉者だ。私を左派・進歩・マルクス主義者というなら、すべて誤りだ。私は中道というより、我々の歴史について科学的な立場で韓国的な解釈する人だ。最後に、『李離和は理論がない』という主張がある。それは違う。すべての理論を渉猟した。理論的な論争ですべて勝ったと考える。史学理論を我々の歴史にどう適用するかについて常に悩んだ」

  --歴史とは何か。

  「歴史は現実だ。歴史は絶対に過去の話ではない」

  --政治学が権力、経済学は財とサービスを扱うなら、歴史学は何を扱うのか。

  「歴史は精神を扱う学問だ。歴史学は民族・民衆・生活問題を総合して扱う学問だ」

  --共著を含めて100冊を執筆したが、最も愛着がある著述は。

  「『李離和・韓国史の話』は10年ほどかけて書いたので最も愛着がある。『李離和先生が聞かせてくれる漫画韓国史』は子どもが好む。実際、子どものファンがとても多い。歴史大衆化を子どもの読者にまで広めたという意味がある。『ホ・ギュンの考え』『全ボン準(チョン・ボンジュン)、革命の記録』にも力を注いだ」

  --歴史を動かす主体はエリートか民衆か。

  「昔も王、権力者が歴史を動かした。しかし別の見方をすると、民衆も絶えず戦いながら歴史を作り出した。対称的に見る必要がある。民衆は歴史の常数だ。民衆は『必要な時』だけ出てきたのではない」

  --朴堤上(パク・ジェサン)の場合を見ると、「新羅の犬、豚になっても倭国の臣下にはならない」といった。訥祗王の犬、豚とか倭王の臣下とは言わなかった。原形的な民族主義が新羅にもあったということか。

  「民族主義の起源を欧州の近代に探すのは西欧の立場だ。我々は高句麗時代から民族問題があった。我々の民族主義は西欧のものとは違う。我々の民族主義は『生存の民族主義』だった」(中央SUNDAY第446号)

本当の歴史学者は「民族の優秀性」叫ぶ時間に真実を追求する=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事