<大リーグ>ダルビッシュのため? 登板延期の柳賢振

<大リーグ>ダルビッシュのため? 登板延期の柳賢振

2017年09月12日08時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
柳賢振(リュ・ヒョンジン)
  ダルビッシュ有(31、LAドジャース)を保護するためか。メジャーリーグLAドジャースの投手・柳賢振(リュ・ヒョンジン、30)の先発登板延期がダルビッシュのためという主張が出ている。

  当初は12日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に先発する予定だった柳賢振は登板機会を一度失う。柳賢振は6日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で6イニング1失点と好投した。体には全く異常がない。12日の先発はなくなり、18日のワシントン・ナショナルズ戦に登板する見込みだ。ロバート監督は柳賢振を休養させるためだと説明した。ロバート監督は「柳賢振のコンディションは良い。しかし来季のことも考えなければいけない。休む時間が必要だ」と話した。

  しかしドジャースの選択には別の理由があると考えられる。LAタイムズは11日、「ダルビッシュが16日のワシントン戦ではなく15日のサンフランシスコ戦に先発する。その次の登板はフィラデルフィア戦であり、ダルビッシュに配慮した登板日程調整」と伝えた。サンフランシスコとフィラデルフィアはそれぞれナショナルリーグ西部地区、東部地区の最下位チーム。ドジャースに移籍した後2勝3敗、防御率5.34と不振のダルビッシュに自信を持たせるため、最下位のサンフランシスコ戦に登板させるという解釈だ。

  ドジャースは7月31日、有望株を出してテキサスからダルビッシュを獲得した。シーズン後に自由契約選手(FA)になるが、今年のポストシーズンで好成績を出すという目的だった。MLBチーム年俸1位のドジャースは今季がワールドシリーズ優勝を狙う適期と判断している。アンドリュー・フリードマン社長らドジャース球団運営スタッフがダルビッシュの活用にこだわる理由だ。

  チーム内の位置づけのため登板が先延ばしになったが、柳賢振には悪いことではない。肩とひじの手術後、フルタイムでプレーする最初のシーズンという点を考えると休養も悪くない。強豪ワシントンを相手に好投すれば、ポストシーズンでエントリー入りする可能性も高まる。

  一方、ドジャースは11日のコロラド・ロッキーズ戦で1-8で敗れ、10連敗となった。ドジャースが10連敗したのは1992シーズン以来25年ぶり。ナショナルリーグ全体勝率1位も断言できなくなった。2位のワシントンとのゲーム差は4に縮まった。ワシントンとの3連戦(16-18日)の結果しだいでは1位を奪われることもある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事