ユンソナの息子の校内暴力疑惑…ソウル市教育庁、現場調査に着手

ユンソナの息子の校内暴力疑惑…ソウル市教育庁、現場調査に着手

2017年06月19日14時26分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優ユンソナ
  ソウル市教育庁が女優ユンソナの息子と大企業トップの孫が加担したと伝えられた校内暴力疑惑事件に対して真相調査に着手した。

  市教育庁傘下の中部教育支援庁は19日、事件が発生したA私立小学校に対して現地調査を開始した。この現場調査では、学校関係者や関連児童などを対象に、当時の状況に対する聞き込み調査を通じて学校側の措置が適切だったかどうかを把握する。市教育庁はこの調査で問題点が明らかになれば直ちに監査に着手する方針だ。

  一方、A小学校はことし4月の修練会(野外活動の一種)の時、児童4人が同じクラスの児童1人を集団で暴行する事件が発生したが、加害者に挙げられた児童のうち大企業トップの孫と女優ユンソナの息子が外され、これといった責任は取らなかったとされている。

  被害児童側は、加害児童が毛布の中に閉じ込めたまま野球バットなどで暴行し、液体石鹸(ボディーウォッシュ)を強制的に飲ませたと主張している。しかし、学校側は「いたずらが少し過ぎた水準であり、校内暴力と見るような事案ではない」と明らかにして問題が大きくなった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事