『アベンジャーズ』に続き韓国で撮影した『ブラックパンサー』の監督・俳優陣が来韓

『アベンジャーズ』に続き韓国で撮影した『ブラックパンサー』の監督・俳優陣が来韓

2018年02月06日10時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
5日、記者懇談会に登場した(左から)ライアン・クーグラー監督、チャドウィック・ボーズマン、ルピタ・ニョンゴ、マイケル・B・ジョーダン。
  「アンニョンハセヨ。『ブラックパンサー』、見に来てくださいね~」。 

  5日、ソウルで開かれたハリウッド映画『ブラックパンサー』記者懇談会で、女優ルピタ・ニョンゴ(35)が韓国語で挨拶をすると、ライアン・クーグラー監督(32)と俳優のチャドウィック・ボーズマン(42)、マイケル・B・ジョーダン(31)が楽しそうな笑顔を浮かべた。主なアクションシーンを釜山(プサン)で撮影した同作で、ニョンゴは簡単な韓国語のセリフも披露している。ニョンゴは「昨日到着してから食べた韓国式バーベキューが本当においしかった」とし「はやく公式日程を終えてソウルを見て回りたい」とはずんだ口調で訪韓の感想を語った。俳優陣よりも一日早く韓国入りしていたクーグラー監督は「妻と故宮〔景福宮(キョンボックン)〕を見に行ったが、構造がとりわけ美しかった。韓国文化をじっくり見て、素晴らしい絵もたくさん見た」とし「何より韓国伝統料理の参鶏湯(サムゲタン)の味」と言ってサムズアップポーズを見せた。

  『ブラックパンサー』の制作会社は『アベンジャーズ』シリーズで有名な米国マーブルスタジオ。マーブル映画の韓国撮影は、4年前の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に続き2作目となる。『ブラックパンサー』は昨年3月中旬から約15日にわたって広安(クァンアン)大橋、チャガルチ市場のような釜山の名所で車の追撃戦などを撮影した。韓国は世界的にもマーブルヒーロー映画のヒットが堅調な市場だ。ソウルで撮影した『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が1000万映画になったことをはじめ、『アイアンマン』『スパイダーマン:ホームカミング』なども米国・中国に次いで韓国で高い興行収入を記録した。『ブラックパンサー』が釜山の撮影に続いてアジア各国記者をソウルに招いて広報ツアーを行う背景だ。主人公ブラックパンサーを演じた俳優ボーズマンは「『釜山パンサー』というニックネームが本当に気に入っている」と紹介した。

  『ブラックパンサー』は珍しく黒人のスーパーヒーロー映画という点でも大きな期待を集めている。映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で、父親を失った王子ティ・チャラが、今回は仮想アフリカ王国・ワカンダの国王でありスーパーヒーローの「ブラックパンサー」として登場する。ニョンゴはワカンダの女戦士でありティ・チャラの恋人役を、ジョーダンは悪党エリック・キルモンガー役をそれぞれ演じている。

  クーグラー監督は「子供のころから好きだったスーパーヒーロー映画に私が属している文化を描き出すことができて光栄だった」とコメントした。これに先立ち、クーグラー監督は警察の過剰鎮圧で命を落とした黒人青年の実話を描いた映画『フルートベール駅で』(2013)で好評を受け、ジョーダンも同映画の主演で注目を浴びていた。ブラックパンサー役のボーズマンも2013年映画『42 ~世界を変えた男~』でメジャーリーグ初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンを演じて注目されている俳優だ。ボーズマンは「『ブラックパンサー』の舞台であるワカンダがアフリカに位置する最先端技術文明国として描かれるコンセプトそのものが興味深く驚きだった。ブラックパンサーは最先端のスーツを着て、世界的指導者として直面している問題を解決しようと悩む」とし「このような面がこの映画を革命的にしている」と映画を紹介した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事