韓国生まれのカフェが中国へ進出…「3年以内にスターバックスを越える」

韓国生まれのカフェが中国へ進出…「3年以内にスターバックスを越える」

2012年04月30日14時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
キム・ソングォン代表(右から2人目)とルチャンチン中企投資集団会長(真ん中)が27日、北京で開かれた「カフェベネ中国進出記念式」で契約記念ボタンを押している(写真=カフェベネ)。
  「今後、国内市場では内容を充実させ、量的な成長は海外市場でしよう」。

  韓国生まれのカフェチェーン店「カフェベネ」のキム・ソングォン代表(44)は最近、社内でこういう話をよくしていたという。韓国コーヒー市場がほぼ飽和状態に達したことによる経営戦略だ。実際、2010年と2011年に国内で年間300店舗ずつ増えたカフェベネは今年、店舗の増加が停滞している。キム代表が「量的成長は海外で」と話す理由だ。 これに合せてカフェベネは今年1月、米ニューヨーク・マンハッタンの真ん中のタイムズスクエアに200坪の店を出した。 そして27日には中国に進出した。

  カフェベネはこの日、北京に3つの直営店をオープンした。 「韓流コーヒー」のイメージのため、国内の店舗と同じブックカフェ式のインテリアを適用し、全店舗に無線インターネットWi-Fiを設置した。 またカフェベネはこの日、中国の投資会社の中企投資集団と中国国内のカフェベネ事業のための合資会社設立契約を結んだ。 中企投資集団は北京と上海、浙江省を中心に不動産・金融・観光・ショッピングモールなどの事業を手掛けている会社。 中国国内のコーヒー事業のため、資本金5000万元(約6億5000万円)をカフェベネと中企投資集団が折半投資する。 中企投資集団が中国国内のコンサルティングと法律検討、金融圏資金調達などを担当し、カフェベネは店舗の管理とコーヒー品質の管理、職員教育など運営全般を担当する。

  キム代表は中国進出を準備しながら「マンハッタンでは‘韓国コーヒーもよい’というブランド力を見せ、中国はアジア市場の最初の段階として本格的な成長を成し遂げよう」と話したという。 カフェベネの関係者は「日本の銀座にも今秋のオープンを目標に場所を検討中で、フィリピン進出も進めている」とし「アジア進出は国内コーヒー専門店の飽和とも関係がある」と話した。

  キム代表は中国進出初日、現地で記者懇談会を開き、「中国は1人当たりの年間コーヒー消費量が3杯で、世界平均(240杯)とは比較にならないが、成長の可能性は無限にある」とし「2015年までに中国で1500店以上をオープンし、スターバックスを越える」と述べた。 「2015年までに1500店」はスターバックスが明らかにした中国国内の事業目標だ。 スターバックスは99年に中国に進出し、現在48都市に563店舗を保有している。 1500店舗の目標を達成するには、スターバックスが937店舗を出す間、カフェベネは1497店舗をオープンしなければならない。 キム代表は「スターバックスは米国本社が直営店だけを出し、私たちはフランチャイズ方式を選んだだけに、不可能な目標ではない」と主張した。 「中企投資集団の信用ですぐにも中国銀行から3000億ウォンの資金を調達できるが、これだけでも1000店舗を出せる」ということだ。 キム代表は「中国国内の売上高の3.5-4%をカフェベネ本社が受ける方向で議論を進めている」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事