「テスラ高速充電所、ことし韓国に14カ所作る」(1)

「テスラ高速充電所、ことし韓国に14カ所作る」(1)

2017年04月21日09時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今月10日(現地時間)、創業して14年しかならない一企業が世界金融の中心ニューヨーク・ウォール街を揺るがした。主人公は電気自動車で有名なテスラ。この会社は110年の伝統のGMを抜いて時価総額基準として米国自動車業界1位にのぼった。そのテスラが今や韓国市場の扉をたたいている。先月中旬初めて京畿道河南(キョンギド・ハナム)とソウル清潭洞(チョンダムドン)に店舗を出したのに続き、済州(チェジュ)進出も宣言した。韓国市場点検のためソウルを訪ねたテスラの二番手ジョン・マクニール社長(48、グローバルセールス&オペレーション部門)を19日にインタビューした。同日午前、マクニール社長は「カーボンフリーアイランド(carbon-free island、炭素のない島)」政策を推進している元喜龍(ウォン・ヒリョン)済州道知事に会った。

  人口5000万人に過ぎない韓国市場はテスラにとってどんな意味を持つのだろうか。アップルにとってのようにただそれなりの小さな市場のうちの1つだろうか。マクニール社長の答えは違った。

  マクニール社長は「韓国市場への期待は大きい。経済規模は世界11位圏だが高級自動車市場では5位に及ぶ大きな市場」と話した。ベンツの場合、韓国は中国、米国、ドイツ、英国に続き5位の市場だ。(今年1-3月期基準)

  マクニール社長はさらに「人口1億2000万人余りの日本より韓国市場の方がより重要だ」とし、「市場の躍動性は韓国がさらに活発なため」と話した。マクニール社長は続けて「過去3年間、日本に作ったものより多くのテスラ専用高速充電所(スーパーチャージャーステーション)を作るだろう」とし、「年末にソウルは最小6カ所、全国的に最小14カ所の高速充電所が入るだろう」と話した。

  テスラは電気車製造業者でありつつも一方では太陽光とバッテリー企業でもある。2014年から日本パナソニックと合作して50億ドル規模の超大型バッテリー工場の「ギガ ファクトリー」を建設中であり、昨年末には太陽光業者「ソーラーシティ」を買収・合併した。

  テスラが夢見る夢が気になった。マクニール社長は「私たちはテスラを人類のための『未来会社(future company)』と呼びたい」とし、「テスラのミッションは大きく話せば持続可能なエネルギーと運送」と話した。

「テスラ高速充電所、ことし韓国に14カ所作る」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事