ランボルギーニ家3世、電気スクーターを持って韓国に来た理由

ランボルギーニ家3世、電気スクーターを持って韓国に来た理由

2017年11月10日17時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国電気スクーター市場に進出するフェルッチオ・ランボルギーニさんが初モデルであるイソモト・フェルッチオ・ランボルギーニエディションに乗ってポーズを取っている。
  イタリアのモーターレーサー出身であるフェルッチオ・ランボルギーニさん。彼は韓国から「スーパーカー」と呼ばれるランボルギーニ(家)3世だ。創業者であり、祖父であるフェルッチオ・ランボルギーニ1世(1916~93)がオイルショックが勃発した74年、スポーツカー事業を売却した後、彼の家はアクセサリー(トニーノ・ランボルギーニ)・電気車(タウンライフ)事業に専念してきた。

  トニーノ・ランボルギーニ副社長であり、タウンライフのCEOである彼は最近「一族の再跳躍」のために韓国を訪れた。ソウル龍山区(ヨンサング)のユーロスクーター店舗で会った彼は「韓国市場を架け橋にしてアジアの電気スクーター市場に進出する計画」と抱負を明かした。

  昨年末、彼がCEOになったタウンライフは同名の電気軽自動車である「タウンライフ」、電気スクーターである「イソモト」などが主力事業だ。フェルッチオさんは「イタリアでは自動車税の引き上げなどの要因で電気車の人気が落ちている。若い人々が電気車に関心が多く、情報技術(IT)が発達した韓国で事業展望を楽観している」と話した。

  韓国進出で韓国電気車開発会社であるGPCCコリアと手を握ったフェルッチオさんが来月韓国で初めて発売する電気スクーターモデルは自身の名を取った「イソモト・フェルッチオ・ランボルギーニエディション」だ。最高時速80キロメートルで、3時間30分の充電で65キロメートルを走る。

  価格は400万ウォン(約40万6000円)台で一般のスクーター(約200万ウォン台・125cc基準)に比べて高い。だが、電気充電(220V)だけで動くので維持費がはるかに安い。フェルッチオさんは「バッテリーが脱付着型になっており使いやすい。また、バッテリー価格も多様化し、購買者の負担を減らすだろう」と話した。

  また、彼は「一般のスクーターは急停車時、体が前のめりになるが、イソモトスクーターはフォーク(バイク支持台)がない代わりに、ロー用スイングアーム(衝撃吸収スプリング)が搭載されている。そのため、急停車時、体がより安定的になる」とし「韓国初モデル」の特徴を説明した。

  GPCCコリアの持分参加、ブランド使用権の移管などで経営権を拡大している彼は、この会社のCBO(最高ブランド責任者)も兼職することになる。フェルッチオさんは「韓国最高の電気車、多様なラインナップがGPCCコリアの最大メリットだ。この会社のノウハウを大幅活用する計画」と話した。

  フェルッチオさんがスクーター事業に関心を持つことになったきっかけは何だろうか。2012年、モーター2リーグ(モーターレーシングリーグ)イタリアチャンピオンである彼は「両輪で動くすべての車両はモーターレーサー出身である私に『初恋』」とし、「イタリア現地で事業が難しいという理由でタウンライフを売却しようとしていた父を説得し、私がアジア市場での再跳躍を準備することになった」と話した。

  「ボローニャ大学で経済学、科学コミュニケーションを勉強した。学業と併行したモーターレーシング大会に参加し、鎖骨の負傷で選手生活をやめることになった。バレンティーノ・ロッシ(イタリアの伝説的なモーターレーサー)のようになるのはどうせ難しいだろうと考え、学業とモーターレーサー活動を止めて事業に集中することになった」

  韓国料理の中でカルビを好んで食べるという彼は「韓国の若者たちは洗練された自動車デザインを重視しながらも環境にやさしいものを好む」と話した。また、「韓国で当社のスクーターが『デバク(大ヒット)』したい」としながら「デバク」と韓国語ではっきりと発音した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事