韓経:日本の価格・中国の技術にも追われ…韓国は「新ナッツクラッカー」状況

韓経:日本の価格・中国の技術にも追われ…韓国は「新ナッツクラッカー」状況

2017年03月27日09時18分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の産業競争力と成長潜在力が日本はもちろん中国にも大きく遅れを取っていることが調査で分かった。技術格差を解消中の中国と価格競争力を回復した日本の間に挟まった「新ナッツクラッカー」状況が反映されたという分析だ。

  産業研究院が26日に発表した報告書「輸出ビッグデータを利用した韓国産業の競争力評価」を見ると、この20年間に韓国の産業競争力は世界16位から13位に上がった。同じ期間、中国は20位から2位に上昇し、韓国を逆転した。産業発展の可能性を表す指標の産業凝集力指数で1995年に21位だった韓国は、2015年には25位に下がった。中国は同じ期間18位から3位に上昇した。

  中国に追い越される間、日本との格差は広がっている。現代経済研究院はこの日の報告書で「1990年代半ば以降、韓国は日本を急速に追撃したが、第4次産業革命への対応力などで格差がまた開いている」と分析した。

  過去の韓国は技術競争力で日本に劣り、価格競争力で中国に追撃される「ナッツクラッカー」状況だった。しかし状況はさらに複雑になっている。韓国の産業競争力は技術力、価格競争力の側面で中国、日本に優位に立てない状況という分析が出ている。

  技術力の側面で大きな差があると評価してきた中国との格差は狭まっている。韓国科学技術企画評価院によると、10大技術分野で2012年の韓国の技術競争力は中国に平均1.9年リードしていた。しかし2014年にはその差が1.4年に狭まった。技術別にはエネルギー・資源・極限技術の格差が0.9年、ナノ・素材分野の競争力格差は1.1年にすぎなかった。

  日本との競争環境は悪化している。韓国企業が世界市場で日本企業と競争できた主な要因の一つは価格競争力だった。製品の性能は少し落ちても20-30%安い価格を武器に米国・中南米などの市場で成果を出した。しかし安倍晋三首相の執権後に続いた「円安」攻勢で韓国・日本製品の価格差は狭まっているという分析が出ている。

  日本との技術格差は減っていない。現代経済研究院によると、国際経営開発院(IMD)基準の韓国の技術競争力は世界15位と、日本(10位)より低い。10大国家戦略技術レベルも2.8年遅れていると評価される。第4次産業革命への対応力順位は日本が12位、韓国は25位と評価された。

  産業研究院のユン・ウジン研究委員は「産業競争力の強化のために人材を未来の企業家に養成する中長期戦略を用意しなければいけない」とし「ゾンビ企業の退出を奨励し、新生企業の挑戦を奨励する企業政策が必要だ」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事