【写真】現代車工場に「アイアンマン」

【写真】現代車工場に「アイアンマン」

2019年09月05日09時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
4日、現代・起亜車はウェアラブルロボット「VEX」を自主開発したと発表した。写真はVEXの試演イメージ。[写真 現代・起亜車]
  現代・起亜車は生産ラインで腕を上げて長時間働いている労働者の筋力を補助するウェアラブルロボット「VEX」を自主開発したと4日、明らかにした。

  VEXはベスト型外骨格着用ロボットで、電気の供給を受けずに数カ所のスプリングが身体の動きと結合して最大5.5重量キログラムまで力を発揮することができる。VEXを着用すると、普通成人男性が3キログラムの工具を持ち上げた時、重さをほとんど感じらない水準までパワーアシストを受けることができる。重量は2.5キログラムで、従来の製品よりも最大42%軽量化されている。

  人体の肩関節を模した多軸軌跡構造とマルチリンク構造の筋力補償装置を適用して活動性と耐久性を高めたというのが会社側の説明だ。

  VEXは現代ロテムが今年12月から量産を開始し、価格は競争製品〔4000~5000ドル(約42万6000円~53万2000円)〕より30%ほど低い水準で策定される予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事