「米国、平昌五輪出場を阻止してロシア大統領選挙に介入しようとしている」

「米国、平昌五輪出場を阻止してロシア大統領選挙に介入しようとしている」

2017年11月10日17時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、米国側がロシア選手の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)出場を制止する形でロシア大統領選挙に介入していると批判した。

  9日(現地時間)、ワシントン・ポスト(WP)などによると、プーチン氏は国際オリンピック委員会(IOC)がドーピング検査で陽性反応判定を受けたロシア選手に対する懲戒を決めると「米国が来年の(ロシア)大統領選挙に影響を及ぼそうと仕立て上げた事件だ」と批判した。IOCはこの日、「2014年ソチ冬季オリンピックに出場したロシアのクロスカントリー国家代表4人に対して失格措置を下し、今後オリンピックへの出場を禁止する」と発表した。プーチン氏は「米国には五輪放送中継権を購入する主要企業、主要スポンサー、広告主がいる」とし、米国がこれらを通じてIOCを背後で操る能力がある点を強調した。

  特にロシアのドーピング波紋が昨年の米国大統領選挙で大きくなったロシア介入説に対する報復という趣旨の主張も展開した。プーチン氏は「我々が米国大統領選挙に介入したという妄想に対応して米国はロシア大統領選挙で問題を作り出したがっている」と話した。米国情報機関はロシアが昨年の米国大統領選挙でヒラリー・クリントン民主党候補に不利な資料をハッキングして流布し、トランプ共和党候補を支援したとの結論を下したことがある。

  プーチン大統領はIOCが今回のドーピング問題を提起した時点を挙げてロシア大統領選挙とドーピング波紋の関連性に懸念を示した。ロシア大統領選挙は来年3月に行われる。このため、直前に開催される平昌冬季五輪を準備する期間にドーピングスキャンダルを利用して体育界に不満を広げることになりかねないとプーチン大統領は主張した。

  ロシアは2014年のソチ冬季オリンピックで金メダル13個を獲得して総合1位に輝いた。カナダの弁護士リチャード・マクラーレンは昨年発表した報告書で、2011~15年の間に行われた30回の国際大会に出場したロシア選手1000人がドーピング結果を改ざんしたとし、ロシアの組織的かつ広範囲な不法禁止薬物服用の実態を暴露した。マクラーレン報告書には今回懲戒を受けたロシアのスキー選手4人の名前も含まれた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事