韓国で『銀河鉄道999』40周年記念展示会…松本零士氏訪韓(2)

韓国で『銀河鉄道999』40周年記念展示会…松本零士氏訪韓(2)

2017年03月27日08時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  『宇宙戦艦ヤマト』で松本は「帝国主義を美化する」という批判を受けたりもした。太平洋戦争で撃沈された日本軍の戦艦大和を復活させエイリアンを追い払うという内容を描いたためだ。これに対し松本は「幼いころに見た軍艦のうち大和はただ最も大きい船だった。特別な意味なく最も大きな船が空を飛んだらどれだけすばらしいだろうかと想像し漫画にした」と話した。

  『銀河鉄道999』で鉄郎は結局機械の体になることを拒否する。松本も「機械の体になれるならなるか」という質問に、「絶対にならない」と強調した。松本は「限られた人生のために私たちは価値ある人生を生きる。時間は夢を裏切らない。そして価値ある人生のために夢も時間を裏切ってはならない」と話した。

  『銀河鉄道999』はまだ終結していないまま日本で出版されている。松本が常に使っている赤いどくろが描かれた黒い帽子は「死んでも意志を残し旅を続ける」という誓いだと話した。松本は「『999』は未完成を象徴する。鉄郎も私も夢に向かっているので鉄郎はまさに私だ。夢の場所を探して旅するメーテルと鉄郎の姿をずっと描きたい。銀河鉄道999も、私も永遠の旅をしている」と話した。

  芸術の殿堂ハンガラム美術館で開かれる今回の展示では『銀河鉄道999』の誕生過程が分かるストーリーボードと原画、直筆原稿など200点余りが展示される。展示は5月1日まで。

  

韓国で『銀河鉄道999』40周年記念展示会…松本零士氏訪韓(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事