輸入ビールの攻勢に新製品を発売する韓国ビール(1)

輸入ビールの攻勢に新製品を発売する韓国ビール(1)

2017年04月21日09時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  OBビール・ハイト真露・ロッテ酒類など3社が支配している韓国のビール市場が熱くなっている。OBビールが業界1位(シェア65%)で独走しているなか、ハイト真露とロッテ酒類が翌日に新製品を発表してけん制に出た。数年の間に急成長した輸入ビールの攻勢が強まり、ビール市場の競争はさらに激しくなっている。

  ロッテ酒類は来月末、新製品の「フィッツ(Fitz)スーパークリア」を発売すると20日、明らかにした。2014年、「クラウド(Kloud)」の発売でビール市場に進出して3年ぶりに披露する新製品だ。その間、クラウドシリーズである「クラウド・マイルド」を出したが、最初から新製品を発表するのは初めてだ。

  フィッツスーパークリアの発売はロッテ酒類が4%に過ぎない自社のビール市場におけるシェアを増やすために本腰を入れるということを意味する。「カス(Cass)」や「ハイト(HITE)」に分けられた「ソメック(焼酎+ビールを割った爆弾酒)」向けビール市場がターゲットだ。特有の濃い味のためにソメック向けとしては人気が少ないクラウドだけでは、市場のパイを育てるには限界があるという判断からだ。

  ロッテ酒類のヤン・ムニョン広報部長は「クラウドはプレミアムビール市場を攻略し、フィッツスーパークリアは一般市場を攻略するツートラックを考えている」と話した。

  実際に、フィッツスーパークリアは様々な面でカスやハイトに近い。クラウドは発売当時、発酵後に水を割れない「オリジナルグラビティ」工法と100%の麦芽で作った高級ビールという点を前面に出した。味や香りが濃く、アルコール度数でも5%でカス(4.5%)やハイト(4.3%)に比べて高い。価格も1250ウォン(約120円、500ミリリットルの出荷価格基準)で2つの製品(1147ウォン)より高い。だが、フィッツスーパークリアは、アルコール度数が4.5%で競争製品と似ており、麦芽含有量も80%に引き下げた。それだけに香りや濃い味は薄くなり、新鮮さや清涼感がより大きくなった。価格もカスやハイトと同水準になるか、より安価で策定される見通しだ。フィッツスーパークリアは近い将来に完工する忠北(チュンブク)の第2工場(20万キロリットル規模)で生産される。第2工場の稼働でロッテ酒類のビール生産量は、年間10万キロリットル(第1工場)から30万キロリットルに増える。現在、第1工場が年間1000億ウォン規模の物量を生産しているという点を考えれば、年間3000億ウォン程度を生産する能力を保有することになるわけだ。ロッテ酒類側はこれを通じてシェアを4%台から最大15%まで引き上げることを内部の目標として掲げている。

輸入ビールの攻勢に新製品を発売する韓国ビール(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事