“もう失敗はない” 韓国初の宇宙ロケット「羅老」、来月3度目の挑戦

“もう失敗はない” 韓国初の宇宙ロケット「羅老」、来月3度目の挑戦

2012年09月11日15時37分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」(KSLV-1)が早ければ10月26日、3度目の打ち上げに挑戦する。

  教育科学技術部(教科部)は11日、「羅老号3次発射管理委員会」を開き、10月26日から31日の間に「羅老」を打ち上げることにした、と明らかにした。最終的な打ち上げ日時は今後の気象状況などを考慮して決め、教科部はこれを関連国際機構に通知する。具体的な打ち上げ時間は、当日の気象状況と宇宙環境状況、宇宙物体との衝突を避けられる時間などを考慮し、最終的に確定する。

  教科部の関係者は「羅老の3度目の打ち上げは、今後、韓国が宇宙強国に飛躍するための基礎になるだろう」と強調し、「過去の2度の失敗にもかかわらず、激励し、声援を送ってくれた国民の念願に報いるため、徹底的に準備し、羅老の3度目の打ち上げが必ず成功するように最善を尽くしたい」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事