日本のスマホ市場シェア、サムスンは3.8%で5位…1位は?

日本のスマホ市場シェア、サムスンは3.8%で5位…1位は?

2017年05月22日10時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本のスマートフォン市場でアップルが51.3%を占めシェア1位に上がったと集計された。市場調査会社のストラテジーアナリティックス(SA)は22日、アップルが今年1-3月期に日本市場で400万台のスマートフォンを出荷し51.3%の市場シェアを記録したと明らかにした。

  アップルの日本市場でのシェアは年を追うほどに上昇傾向を見せている。2012年の18.4%から、2013年が33.2%、2014年が40.8%、2015年が44.6%、2016年が54.0%を記録した。年間出荷量も2012年の670万台から2013年が1420万台、2014年が1760万台、2015年が1780万台、2016年が1960万台と着実に増えている。

  アップルが日本のスマートフォン市場で半分を超えるなど市場支配力を誇示していることから他のスマートフォンメーカーの成績は目立たない。日本のソニーは1-3月期にスマートフォン110万台を出荷して13.5%のシェアを記録した。ソニーは出荷量で2位だが1位のアップルとの格差は大きい。富士通が5.9%、シャープが4.1%と続いた。

  サムスン電子の1-3月期の日本のスマートフォン市場シェアは3.8%で5位にランクされた。サムスン電子の日本のスマートフォンシェアは2012年の14.8%から2013年に10.7%、2014年に5.6%、2015年に4.3%、2016年に3.4%と下落傾向を見せている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事