「私は商品だった」韓国初宇宙飛行士が明らかにした宇宙プロジェクトの実体

「私は商品だった」韓国初宇宙飛行士が明らかにした宇宙プロジェクトの実体

2018年03月07日12時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李素妍氏(写真=中央日報フォトDB)
  「私は『宇宙人輩出事業』が作り出した商品だった」

  韓国初の宇宙飛行士である李素妍(イ・ソヨン)さんが10年前、政府の宇宙プロジェクトについて口を開いた。

  李さんは最近発行された科学批評雑誌「エピ」3号のインタビューを通じて過去宇宙飛行を前後に自身が体験したエピソードを公開した。

  李さんは2008年4月、ロシアのソユーズTMA-12号に乗って10日間宇宙旅行をした。韓国人としては最初の宇宙飛行士だっただけに大きな関心が集まった。

  だが、李さんは宇宙飛行を行ってきた後、研究はせず外部講演だけしている批判を受け、突然米国に渡った。李さんは現在、米ワシントン大工科大学諮問委員の資格で研究および教授活動をしている。

  これに対して李さんはメディアとのインタビューで当時の政府が宇宙人後続事業に対する意志がないという事実に気付いて空しさを感じるなど、宇宙飛行を前後に色々な困難を経験したと打ち明けた。

  当時、李さんは本来宇宙飛行者として予定されていた「高山(コ・サン)」さんの突然の脱落で宇宙飛行をわずか一カ月を残した時点に急きょ投入された。

  このため、李さんはちゃんとした準備もできないなど、混乱したまま宇宙船に身を乗せるしかなかったと話した。

  そのうえに、当時政府が服や実験道具につく「政府のロゴ」を強調してあきれる状況に置かれたりもしたと話した。

  李さんによると、当時宇宙貨物船が先に宇宙に上がった時「科学技術部」だった政府部署名はその後「教育科学技術部」に変わった。参加政府から李明博政権に政権が代わった時点だったためだった。

  これを受け、政府は李さんの飛行服についたパッチはもちろん、実験道具などにあるシールを全部変えるよう求めた。結局、李さんは宇宙ステーションで刃物で宇宙服のパッチを剥がし、針で新しいパッチをつける作業などをせざるを得なかった。彼女は当時の状況を振り返って「その時、地球と交信するたびに『それは剥がしたの?確かにつけたのか?』と聞かれたのが生々しい」として「そばにいたロシア、米国宇宙飛行士が理解できないという反応だった」と話した。

  さらに、政府と航空宇宙研究院の公式的な物品を載せるために個人物品は持っていくこともできず、米国宇宙飛行士の服を借りて着るしかなかったと付け加えた。

  李さんは地球帰還後にも荒唐無稽な状況が続いたと語った。

  たとえば、教育科学技術部担当者に「宇宙での実験を続けなければならない」と強調したが、何の反応がなかったと話した。

  李さんは「政府が宇宙飛行士を送ると国民に広報をしたが、実際には(宇宙人輩出事業に対する)意志がなかった」とし「科学実験に対して本質的に全く理解していない人々と働いたという事実に気付いて虚しかった」と話した。

  同時に、「私が宇宙飛行士事業を代表する人のようになったが、実際、私は宇宙人輩出事業が作り出した商品だった」とし「宇宙人後続事業の責任が私にあるかのように報じられるたびにどうすれば良いか考えた」と明らかにした。

  李さんは「そのような状況でカッとなったのもあり、遠い未来のことを計画したという理由で韓国を離れることになった」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事