<平昌五輪>「キム・ヨナの熱烈ファン」グレイシー・ゴールド、“SNS国家代表”に?

<平昌五輪>「キム・ヨナの熱烈ファン」グレイシー・ゴールド、“SNS国家代表”に?

2018年01月09日11時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ソチ五輪フィギュア競技後、記念写真を撮ったキム・ヨナ(左)とグレイシー・ゴールド。(写真=グレイシー・ゴールドのSNS)
  2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)米国地域中継放送局のNBCは7日(韓国時間、公式サイトに「選抜戦に出なくても国家代表になることはできるか? グレイシー・ゴールド(23)は『ソーシャルメディア』でそれをやってのけた」と伝えた。米国女子フィギュアスケートスターのゴールドに何があったのか。

  ゴールドは2014年ソチ五輪フィギュア女子シングルで4位に入った米国女子フィギュアの「プライド」だ。当時は「フィギュアクイーン」キム・ヨナと日本の浅田真央らアジア選手の影に隠れて、女子フィギュアの伝統強国・米国は光を見ることができない時期だった。金髪の白人美女フィギュアスターのゴールドは米国人からの人気を一身に受けた。

  韓国でもゴールドは「キム・ヨナの熱烈ファン」として有名だった。ゴールドはソチ五輪当時、トレーニング中のキム・ヨナをバックに自分撮りをした後、ソーシャルメディアに「キム・ヨナと一緒に写真を撮りたい」とコメントしたり、大会直後には「ついにキム・ヨナと写真を撮った!」と一緒に撮った写真を掲載したりしていた。ソチ五輪ガラショー直後の団体撮影時は、キム・ヨナの隣に位置しようと必死に奔走している様子がカメラにキャッチされたりもした。

  将来を嘱望されていたゴールドは昨年8月、期待に対するプレッシャーと苛酷なダイエットのせいで摂食障害に苦しみ始めた。うつ病まで重なり、2017~18シーズンのグランプリシリーズ出場を断念することになった。続いて平昌五輪米国フィギュア代表選抜戦を兼ねた米国フィギュア選手権大会(4~7日、米国、サンノゼ)にも出場しなかった。

  ゴールドは代わりに競技場観覧席で仲間の競技を見守った。そして時々ソーシャルメディア(ツイッター)に仲間の演技に対する寸評を掲載した。米国選手権大会4日間で70件ほどのツイートを載せたが、率直でウィットあふれる寸評にネットユーザーは歓呼した。ゴールドのフォロワーは13万8831人になる。

  男子シングル優勝者のネイサン・チェン(19)は大会前にくせ毛を短く切って、ショートプログラムの衣装を変えた。ゴールドはこれについて「ネイサン・チェン、君の新しい衣装は火だね。そして君の演技はガスみたいだ」と評した。4位に入ったアダム・リッポン(29)の演技については「『私の大統領』アダムのせいで息ができない。私がゲイだったら良かったのに。今よりもアダムをもっと愛することができる」と愛情あふれるコメントを載せた。きりっと整えられたリッポンの眉毛が印象的だったのか、「あなたにたくさんのインスピレーションを与えたものは? (1)アダムの演技(2)アダムの眉毛」という即興アンケート調査までした。投票に参加した3536人中53%が「眉毛」を挙げた。

  ゴールドのソーシャルメディア活動が目を引くと、米国のあるフィギュア専門メディアがソーシャルメディアを通じて「2018年米国フィギュア選手権大会優勝者は誰か」というアンケート調査を実施し、調査に応じた約800人のうち47%がゴールドを選んだ。2位リッポン(27%)と3位チェン(26%)を圧倒する結果だ。NBCは「大会が退屈に感じられるところだったが、フィギュアファンがゴールドの率直で愉快な解説のおかげでとても喜んだ」と伝えた。

  一方、平昌五輪米国フィギュア代表チームには「ジャンプマシーン」チェンとヴィンセント・ジョウ(18)、リッポン(以上、男子シングル)、ブラディー・テネル(19)、長洲未来(25)、カレン・チェン(18、以上女子シングル)らが入った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • ソチ五輪フィギュア競技後、記念写真を撮ったキム・ヨナ(左)とグレイシー・ゴールド。(写真=グレイシー・ゴールドのSNS)
  • グレイシー・ゴールド(写真=本人のSNS)
  • キム・ヨナがトレーニングをしている様子をバックに自分撮りをしているグレイシー・ゴールド(写真=グレイシー・ゴールドのSNS)