AIIB済州総会が閉幕…文大統領、世界インフラ市場デビュー

AIIB済州総会が閉幕…文大統領、世界インフラ市場デビュー

2017年06月19日11時17分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  16日から3日間の日程で進行されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)済州(チェジュ)総会が終わった。

  企画財政部によると、今回の2017年AIIB年次総会には金立群総裁をはじめ、AIIBおよそ80加盟国の代表団と国際機関の代表、国内外金融・企業関係者など約2000人が参加した。

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領は祝辞で「インフラ投資が雇用の創出に寄与するべき」とし「韓国はもちろん全世界が雇用なき成長、青年雇用不足という危機を迎えている中で、インフラ投資は建築と土木、製造・サービス業でも新しい雇用を創出する」と明らかにした。

  金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官も演説で「持続可能なインフラは新政権の政策方向である雇用創出と包容的成長と関係がある」とし「経済・社会・環境との調和、政府の政策との調和、公共・民間の調和が重要だ」と述べた。

  韓国と中国の財務相は会談で経済協力関係も確認した。金副首相は16日、肖捷財政相に会った。柳一鎬(ユ・イルホ)前副首相と楼継偉前財政相が昨年7月に会談して以来およそ1年ぶりの両国財務相会談となった。双方は会談の結果に関し、国交正常化25周年を迎えて強い経済協力関係を再確認したとのみ明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事