韓国女性医師70%、患者からのセクハラを経験

韓国女性医師70%、患者からのセクハラを経験

2012年02月15日15時01分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の女性医師の10人中7人が、診療室で患者からセクハラを受けた経験があることが分かった。

  全国の医師の約3万9000人の会員を抱える医師ポータルサイト「docple(ドクプル)」は、「診療室で患者らから性的侮辱やセクハラにあった経験は?」とのテーマで、今月6日から一週間、100人の女性医師を対象にアンケート調査を実施した結果、10人中7人がセクハラの経験があることが14日、明らかになった。

  アンケート調査の結果によると、「めったにないが経験したことはある」と答えた回答者は53人(53%)であり、「よく経験する」と答えた回答者17人(17%)に達した。一方、「全くない」と答えた回答者は30人(30%)と集計された。

  最もよく発生する患者によるセクハラタイプは、身体の特定部位を露出する“不必要な過多露出”であることが分かった。また、手を握ることや言語による性的侮辱も頻繁に起こるセクハラタイプに含まれた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事