世界的不況が直撃弾…現代車の営業利益-19%、SKハイニックス-41%(1)

世界的不況が直撃弾…現代車の営業利益-19%、SKハイニックス-41%(1)

2016年01月27日09時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  イ・ヨンウ現代車ブラジル法人長(57)は今年に入って悩みが増えた。もともと良くなかったブラジル経済が昨年12月の米国の利上げ以降さらに悪化したからだ。結局、昨年の現代車の販売台数は前年比13.7%も減少した。昨年、現代車のロシアでの販売台数も10%減少した。ブラジル・ロシア市場の販売台数は今年もそれぞれ1.2%減、3.8%減が予想されている。

  新興国を中心とするグローバル不況が韓国企業の実績悪化につながっている。現代車は26日、昨年の実績を売上高91兆9587億ウォン(約9兆円)、営業利益6兆3579億ウォンと発表した。

  売上高は前年比3%増となったが、営業利益は15.8%減少した。営業利益率は1.5ポイント下落した6.9%。収益性に「赤信号」がついたという信号だ。10-12月期の営業利益は1兆5151億ウォンと、前年同期比19.2%減少した。

  新興国を中心とする販売戦略が直撃弾を受け、今年の市場見通しもよくない。鄭夢九(チョン・モング)現代車会長が異例にも今年の販売目標値を昨年(820万台)より少ない813万台に設定したのもこうした理由からだ。

  自動車とともに韓国経済の支えてきた電子産業も厳しくなっている。同じ日に実績を発表したSKハイニックスは昨年の売上高18兆7980億ウォン、営業利益5兆3360億ウォンと、3年連続で過去最大実績を更新した。しかし10-12月期の営業利益は9890億ウォンと、前年同期比で40.7%も減少した。10-12月期から本格化した半導体需要の減少で製品価格が落ちたからだ。

  問題は今後も実績が下降線をたどる可能性が高いという点だ。市場調査会社IHSは、今年のDRAM市場規模を前年比9.3%減、NAND型フラッシュメモリー市場は1.6%減と予想している。

  スマートフォン・テレビ・家電・ディスプレーなど他の電子産業も今年は厳しい。市場に飽和または逆成長の兆候が表れているうえ、最大輸出国の中国は景気停滞期に入り始めた。

世界的不況が直撃弾…現代車の営業利益-19%、SKハイニックス-41%(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事