【コラム】核兵器さえあればドルを奪うことができる

【コラム】核兵器さえあればドルを奪うことができる

2017年09月11日17時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は核・ミサイル開発を止めるつもりが毛頭ないように見える。去る7月、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級火星-14型の発射に続き、3日6回目の核実験に至るまで核・ミサイル暴走を継続している。一昨日、北朝鮮の建国記念日(9・9節)69周年を迎え、追加挑発が懸念された。記念日に際して挑発してきた北朝鮮が昨年9・9節に5回目の核実験を強行したようにことしも挑発が予想されていた。幸いにも今回は何もなかった。だが、さらなる国連対北朝鮮制裁決議案が予告されており、来月10日の党創建72周年を1カ月前に控えている中で依然として緊張を緩めることはできない状況だ。

  北朝鮮は核・ミサイルをあきらめることはできない理由を説明する時、米国の核脅威を欠かさない。だが、それが第一の理由ではない。北朝鮮が前面に出している第一の理由は核・ミサイルが金正日(キム・ジョンイル)総書記の最も大きな愛国遺産ということだ。

  金正日総書記は1990年1月、労働党中央委員会幹部が集まった席で拳銃とドル束をテーブルに置いて「どれを選ぶか」と尋ねたことがある。参加していた幹部は2つに分かれた。片方は「ドルがあれば拳銃を買える」としてドルを、他方は「拳銃さえあればドルを奪うことができる」として拳銃を選んだ。金正日総書記は拳銃を選んだ側を指して「その通りだ。私が聞きたかったのがまさにその答え」としながら「我々が経済建設を犠牲にしてでも核・ミサイルを作る理由がそこにある」と説明した。

  金正恩委員長はこのような金正日総書記の選択を継承して完成しようとしている。金正日総書記は金日成(キム・イルソン)主席誕生日100周年を迎えた2012年に「強盛大国の大門」を開くと念を押したが、それを成し遂げることができなかった。強盛大国は思想・政治・軍事・経済的な強国建設をいう。金正恩委員長は父が実現できなかった「強盛大国の大門」を2019年までに核・ミサイルを実戦配備した後、経済建設にまい進して切り開くと押しつけている。

  そのため、金正恩委員長は核・ミサイル開発から目を離していない。叔母の夫、張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長の処刑も経済建設のために核・ミサイル開発の凍結を考える勢力に対する警告だった。金正恩委員長は「核・ミサイルでドルを奪うことができる」という金正日総書記の選択を信じて従っている。北朝鮮は国家が核・ミサイルを作ろうとする意志があれば必ず作るということを見せるもう一つの事例が完成しつつある。

  文在寅(ムン・ジェイン)政府はこのような金正恩委員長の選択をあきらめさせる能力がないように見える。米国・日本・中国・ロシアなど周辺国も同じだ。北朝鮮の核・ミサイル問題は20年以上全世界が取り組んで解決しようとしたが失敗した。もう問題を解決しようとせず、どのように断ち切るかを悩む時だ。

  コ・スソク/統一文化研究所研究委員・北朝鮮学博士
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事