<大リーグ>ドジャース第5先発めぐる「韓日戦」 その結果は…

<大リーグ>ドジャース第5先発めぐる「韓日戦」 その結果は…

2017年06月19日10時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
柳賢振(リュ・ヒョンジン、左)、前田健太(右)
  柳賢振(リュ・ヒョンジン、30、LAドジャース)が18日、米オハイオ州シンシナティのグレートアメリカンボールパークで行われたシンシナティ・レッズ戦に先発し、10-2の勝利に貢献した。柳賢振は1021日ぶりにアウェーで勝利(2014年9月1日のサンディエゴ戦以来)をマークしたが、これを祝う声より心配の声が多い。

  LAタイムズは「ロバーツ監督が柳賢振に全力投球を指示した。しかし2回までに投球数が50球に達するなど柳賢振は期待に応えることができなかった」と伝えた。LAタイムズによると、ロバーツ監督は6-1だった3回裏、無死満塁の場面で柳賢振の交代を準備した。しかし柳賢振は併殺打と遊直で1失点に抑えたため、5回までマウンドを守ることができた。

  柳賢振はこの日、5イニングを投げて8安打2失点で、今季3勝目(6敗1セーブ、防御率4.35)をマークした。ストレートの最高球速は151キロ。しかし12日のシンシナティ戦で本塁打3本を浴びた点を意識したのか、投球内容は良くなかった。柳賢振も「3回の併殺打と遊直がなければ5イニングを満たすことはできなかったはず」と語った。

  19日のシンシナティ戦では前田健太(29、日本)が先発登板する。半月ぶりに先発に戻った前田に配慮し、ロバーツ監督は柳賢振を今後も先発で起用するという約束をしなかった。

  柳賢振と前田の第5先発争いは1カ月近く続いている。先月まで変則的に6人の先発投手を活用したドジャースは先月26日のセントルイス戦に柳賢振をブルペン投手(4イニング無失点セーブ)に起用し、ローテーションを整理した。アレックス・ウッドが故障者リスト入りしたことで先発のチャンスを再びつかんだ柳賢振は、6日1日のセントルイス戦で6イニング1失点と好投した。

  しかし柳賢振はその後3回の登板で1勝1敗、防御率は5・63だった。すると柳賢振の代わりにブルペンに回った前田が10日のシンシナティ戦で初セーブ(4イニング1失点)をマークし、また先発の機会をつかんだ。次に第5先発から脱落すれば当分は復帰が難しい可能性が高いため、ドジャース内の「韓日戦」は激しくなるしかない。

  以前にもドジャース内では韓日戦があった。朴賛浩(パク・チャンホ、44)がマイナーリーグにいた1995年、野茂英雄(49)がドジャースに入団すると妙な緊張感が流れた。日本プロ野球最高投手だった野茂は初年からドジャースで活躍し、朴賛浩は97年にドジャースの先発投手になった。朴賛浩と親しくなった野茂は2005年に朴賛浩の結婚式にも出席した。

  2005年にはドジャース一塁手をめぐり崔熙燮(チェ・ヒソプ、38)と中村紀洋(44)が競争した。崔熙燮がドジャース一塁手を先に確保した状況で日本の大砲の中村がドジャースに入団した。当時、韓国と日本は独島(ドクト、日本名・竹島)問題で対立している時期だった。韓国メディアは「ドジャースの一塁手は独島」という記事も掲載したりもした。中村は1年間マイナーで過ごして日本に戻った。

  ドジャースはメジャー30球団のうちアジア選手のスカウトに最も積極的だ。柳賢振が先発陣から脱落すればドジャースに熱狂する韓国ファンをなだめるのが難しい。前田は自国での人気がトップ級ではないが、日本市場自体があまりにも大きい。

  2人の競争に優劣がつかない状況が続き、ドジャース球団とロバーツ監督の悩みは深まっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事