中国外交部「釣魚島は歴史的に中国固有の領土」

中国外交部「釣魚島は歴史的に中国固有の領土」

2018年03月07日10時52分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国外交部の耿爽報道官(写真=中国外交部ウェブサイト)
  中国外交部が、日本政府が公表した尖閣(中国名・釣魚島)諸島領有権についての学習指導要領改訂案に対して反発した。

  6日、中国外交部の耿爽報道官は定例記者会見で「日本当局が何を言い、いかなる行動を取っても、釣魚島が中国に属するという事実を変えることはできない」とし「釣魚島は歴史的に中国固有の領土」と主張した。

  続いて「我々は日本が歴史と現実を直視し、正しい歴史観で若い世代を教育しなければならない」とし「我々は日本が中日関係の新たな障害物を作らぬよう要請する」と強調した。

  日本の文部科学省は先月14日、日本の尖閣と独島(ドクト、日本名・竹島)領有権に関する教育を義務化する内容をまとめた高等学校学習指導要領改訂案を公表した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事