米国系ファンド、韓国政府に被害補償金6億7000万ドルを請求

米国系ファンド、韓国政府に被害補償金6億7000万ドルを請求

2018年05月11日11時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
エリオット・マネジメントのポール・シンガー会長(写真=中央フォト)
  サムスン・現代自動車の支配構造改編過程で問題を提起した米国系ファンド「エリオット・マネジメント」と韓国政府間の法律攻防が本格化した。

  11日、企画財政部・法務部など韓国政府は、「米国私募ファンドのエリオットが先月13日、韓米自由貿易協定(FTA)に基づき、投資家・国家間訴訟(ISD)の仲裁意向書(Notice of Intent)を大韓民国政府に届け出た」と公式発表した。法務部はこの日からホームページに仲裁意向書の英文原文をすべて公開した。韓米FTA協定文に「仲裁意向届出時、最大限速かに大衆が利用できるようにする」という文面があるためだ。

  ISD仲裁意向書によると、エリオットは被害補償請求金額として6億7000万ドル(約732億円)を指摘している。被請求人にも「大韓民国大統領 文在寅(ムン・ジェイン)」と法務部が明記されている。具体的には「エリオットがサムスン物産合併過程で、株主権利を行使する過程で、国民年金・保健福祉部・朴槿恵(パク・クネ)前大統領らが韓米FTA協定文に含まれた内国人同一待遇(11.3兆)と最低待遇基準(11.5兆)条項に違反した」と記されている。

  自国投資家(サムスン)とエリオットの間で、朴槿恵政府が外国人投資家であるエリオットに差別的不当待遇をしたという主張だ。2015年李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(50)が1大株主だった第一毛織がサムスン物産と合併しようとしていた当時、エリオットはサムスン物産の持株約7%を保有する主要株主だった。

  検察と朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チームが朴前大統領、文亨杓(ムン・ヒョンピョ)前保健福祉部長官らを相次いで職権乱用容疑で起訴した事実も仲裁意向書に含まれた。国際紛争分野で十数年間活動しているある弁護士は「エリオットは検察起訴と裁判所の有罪判決をISD請求に対する客観的証拠として提出した」と説明した。韓米FTAによると、ISD訴訟を請求するためには、必ず被請求人を相手に客観的証拠を提出しなければならない。

  ただし、エリオットは仲裁意向書に具体的な被害金額の算出方法等を記載していない。法務部関係者は「請求金額に対する客観的な根拠等が不充分な資料」とし「近くエリオット関係者と会って真意が何か把握したい」と説明した。

  エリオットは米法律事務所「Three Crowns(スリークラウンズ)」を法律代理人に指定した。スリークラウンズは英ロンドン、仏パリなどに事務所を置く多国籍国際紛争ローファームだ。2015年イラン系家電会社「エンテクハブ(Entekhab)」が韓国政府を相手にISDを提起した時、スリークラウンズ所属のヤン・ポールソン弁護士が仲裁人に指名されたことがある。韓米FTA協定文によると、韓国政府とエリオットは仲裁意向書を提出した日(4月13日)から少なくとも90日間の協議期間を持つよう規定している。90日は最小期間である以上、エリオットと韓国政府間の協議が3カ月以上にもつれ込むことも予想される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • エリオット・マネジメントのポール・シンガー会長(写真=中央フォト)
  • エリオットが先月韓国政府に提出したISD仲裁意向書。被請求人として大韓民国政府法務部とともに文在寅大統領が明示されている。(資料=法務部)