サッカー協会会長「韓日戦、お金のためではない」

サッカー協会会長「韓日戦、お金のためではない」

2010年03月18日09時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   大韓サッカー協会の趙重衍(チョ・ジュンヨン)会長は17日、中央日報との電話インタビューで、「韓日戦は南アフリカワールドカップ(W杯)前に両国の競技力を高めるうえで良い機会になる」とし「反対の声があるかもしれないが、長期的な観点で考えてほしい」と述べた。

  --韓日戦を開催する理由は。

  「昨年サッカー協会長に就任した後、91年に終わった韓日定期戦の復活を考えた。韓日戦は代表チームの競技力向上はもちろん、サッカーブームの形成、技術および人的交流のうえで大きな触媒剤となる。何よりも朴智星(パク・チソン)、李青竜(イ・チョンヨン)など海外組が参加し、W杯本大会にも役立つと判断している。2月に日本で行われた東アジア選手権大会で日本サッカー協会の犬飼基昭会長に会って合意した。5月に韓国が日本に行き、10月12日にはソウルで試合を行うことにした」

  --5月24日を選んだ背景は。

  「サッカー代表チームが5月に招集される。5月16日にソウルでエクアドルと評価試合を行う。日本側と競技日程を議論する過程で24日を選んだ。韓国は韓日戦を行った後、豪州キャンプへ行くが、日程の上でも無理はない。韓国の許丁茂(ホ・ジョンム)監督と日本の岡田武史監督にも事前に同意を得ている」

  --多くのサッカー関係者がW杯を準備するうえで百害無益という反応だが。

  「いろんな意見があると思う。しかし両国協会の幹部がさまざまなことを考慮して決めた。W杯を控えて両国の海外組が総出動し、最高の戦力で対戦するのは意味があると思う。W杯が終わればサッカーをしないわけでもない。視野をもう少し広げてほしい」

  --サッカー関係者の反対が強いが押し通す計画なのか。

  「両国間の合意事項なので現在の状況では守るのが道理だ」

  --サッカー協会が収益事業の一環として開催するという指摘もある。

  「誰がそのような話をしているのか分からない。韓日戦はW杯を控えて両国が緊張感のある試合が必要だと判断して決めた。決してお金のためではない」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事