IOC、露スキー選手追加ドーピング懲戒…平昌五輪に影響?

IOC、露スキー選手追加ドーピング懲戒…平昌五輪に影響?

2017年11月10日14時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ロシアが自国スキー選手の禁止薬物服用(ドーピング)に伴う懲戒をまた受けた。2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)にも影響が及ばないかどうか、注目を集めている。

  国際オリンピック委員会(IOC)は10日、「2014年ソチ冬季五輪に出場したロシアのクロスカントリー国家代表4人に対して失格措置を下し、今後の五輪出場を禁止する」と発表した。ドーピング検査で陽性反応を示し、懲戒を受けた選手はマキシム・ビレグジャニン、アレクセイ・ペトゥホフ、ユリア・ステパノワ、エフゲニア・シャポワロワなど4人だ。ビレグジャニンはクロスカントリー男子50キロメートルで獲得した銀メダルもはく奪された。

  これに先立ち、IOCは今月初め、ソチ五輪に出場したロシアクロスカントリー選手2人に対しても出場禁止の懲戒処分を下した。当時、男子50キロメートル金メダリスト、アレクサンドル・レグコフの金メダルがはく奪された。これでソチ五輪に出場した選手6人に対する五輪永久追放が決まった。メダルはく奪により、ソチ冬季オリンピック総合1位に入ったロシアの順位が下がる可能性もある。

  IOCは昨年末「ソチ五輪に参加したロシア選手28人を調査している」とし「調査の結果により、メダルはく奪とロシア代表チームの平昌五輪出場禁止などの措置を検討する」と明らかにしていた。ロシアが国ぐるみのドーピング結果改ざんを日常的に行っていたという疑惑は昨年7月、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)傘下の独立委員会のリチャード・マクラーレン(カナダ)が発表したロシアの五輪ドーピング疑惑調査報告書が発表して大きく取り沙汰されるようになった。この報告書は「ソチ五輪でロシア体育省と選手団訓練センター、情報機関の連邦保安局などがドーピング結果の改ざんを支援した証拠を突き止めた」とし「特に政府機関である体育省が選手のサンプル結果の改ざんを指示して統制・監督した」と暴露した。引き続き、スキー、ソリ種目などで関連疑惑が大きくなり、フィギュア女子シングルの金メダリスト、アデリナ・ソトニコワに対するドーピング関連疑惑も提起された。

  

  IOCの相次ぐロシア選手五輪追放措置により、平昌五輪にロシア選手団の出場自体が禁止されるのかどうかについても大きな関心を集めることになった。ことし9月には17カ国のアンチドーピング機構がIOCにロシアの平昌五輪の出場を禁止しなければなければならないと要求した。今月初めには、IOCが平昌大会でロシア国歌演奏を禁じて、選手にロシアの国旗がついたユニフォームの着用を許さないなどの措置が下されるという米国ニューヨーク・タイムズの報道もあった。国際パラリンピック委員会(IPC)の場合、2016年リオデジャネイロパラリンピックに続き2018年平昌(ピョンチャン)冬パラリンピックにロシア選手団の全面出場禁止懲戒を下された状態だ。米国スポーツ専門メディアESPNは10日、「IOCが来月5日から3日間開催する執行委員会でロシアの平昌五輪参加などに対する案件を議論するだろう」と見通した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事