“入隊”歌手キム・ヒョンジュン、なぜ直筆手紙を残したのか

“入隊”歌手キム・ヒョンジュン、なぜ直筆手紙を残したのか

2015年05月13日13時58分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歌手で俳優のキム・ヒョンジュン
  軍に入隊した歌手で俳優のキム・ヒョンジュンが直筆の手紙を残した。

  12日に軍に入隊したキム・ヒョンジュンが所属事務所を通じて13日、ファンカフェ「ヒョンジュン・ドットコム」に直筆の手紙を掲載した。便せん2枚にキム・ヒョンジュンは一連の事件についての心境を明らかにし、ファンたちに感謝と申し訳ない思いを伝えた。直筆の手紙は芸能人が物議をかもした後、ファンたちだけには率直な心境を伝えたいがために選ぶ最も普遍的な方法だ。キム・ヒョンジュンもやはり直筆の手紙を選んだ。

  手紙は入所前日の11日に作成したと思われる。入所当日、衛兵所に出ているファンたちにまともに目礼もできず静かに入る計画だったキム・ヒョンジュンが、ファンたちのためにあらかじめ作成したものとみられる。

  キム・ヒョンジュンは手紙で「これまで申し訳ない気持ちがあまりにも大きかった。公人なので内心をすべて打ち明けることができず息をひそめていなければならなかったし、思慮深く、未熟な自分の姿を自ら叱責しながら辛い毎日をすごした」として「どんな言葉で謝罪するのか、ただ負い目の塊をいっぱい抱えながら離れる心情」と伝えた。

  彼は「多くの方が混乱した時期に一様に信じてくれて、自信を吹き込んでくれた」として「男は誰でも軍隊を行くが、実際に自分の順になると動揺する前日になるとすごく弱気になる。だが今後の2年は生まれ変わるきっかけになると信じる。男として芸能人として責任感のある社会人として少しでも成長して戻ってくる」という文を書いた。

  キム・ヒョンジュンは元恋人のチェ氏から16億ウォン台の損害賠償請求訴訟を起こされた。入隊したがキム・ヒョンジュンの法廷代理人が訴訟を進める予定だ。キム・ヒョンジュンは5週間の基礎軍事訓練を終えて21カ月間、現役服務する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 歌手で俳優のキム・ヒョンジュン
  • キム・ヒョンジュンが残した直筆の手紙