【グローバルアイ】果敢な韓国、緻密な日本(1)

【グローバルアイ】果敢な韓国、緻密な日本(1)

2012年08月27日16時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  オリンピック(五輪)サッカー3位決定戦の現場にいた。 韓国が日本に2-0で勝ち、朴種佑(パク・ジョンウ)選手の独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンスがあってから10日以上過ぎても、まだ波紋が収まらないあの‘歴史的’な場所、カーディフミレニアムスタジアムに。 ゴールが決まった2度の瞬間、興奮せずに落ち着いて観察しなければならない記者という身分を忘れ、席から立ち上がって叫んだが、きまり悪くなり、静かに周囲を見ながらすぐに席に座った。

  記者の席は観戦するのに最も良い競技場中央の観客席下段中心部にあった。 VIP席のちょうど向かい側。 しかしこの記者席のすぐそばには150人ほどの日本人が団体で座って、大きな声で応援をしていた。 「ニッポン、ニッポン」を絶えず叫び、ラッパも吹いていた。 サムライの服装をした日本人もいた。

  一体どのようにしてこの席を団体で確保できたのだろうかという疑問が生じた。 かなり組織的に準備しなければ、集団でこの席を確保できるはずはなかった。 日本の3位決定戦が確定するずっと以前からチケットを予約しておかなければならず、インターネットでなく現場購入で一連番号のチケットを購入する必要があった。

  その半面、韓国人は観客席のあちこちに散在し、団体での応援に苦労した。 ほとんどは良い席ではなかった。 ブラジルとの準決勝戦で敗れた後、急いで各自でチケットを購入したためだった。

  とにかく応援の声で韓国は劣らなかったし、試合も快勝したが、日本人の緻密な準備は印象的だった。

【グローバルアイ】果敢な韓国、緻密な日本(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事