貨物室に引火性物質400キロ…アシアナ、18年間“無事故”途切れる

貨物室に引火性物質400キロ…アシアナ、18年間“無事故”途切れる

2011年07月29日10時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
引き揚げられた翼  アシアナ航空ボーイング747貨物機が墜落した済州市(チェジュシ)西側107キロの海上で、28日、済州海上警察が航空機の残骸を回収している。(写真=済州海洋警察署提供)
  28日午前3時5分に仁川(インチョン)空港を出発したアシアナ航空貨物機OZ991便は、済州道(チェジュド)の南西側に100キロほど離れた上空を飛行していた。

  貨物機を操縦していたのは飛行時間1万4123時間にのぼるベテランパイロットのチェ・サンギ機長(52)とイ・ジョンウン副機長(43)。機種はボーイング747-400Fで、06年から貨物を積んで飛行している。

  この日は58トンの貨物を積載して中国上海の浦東空港に向かっていた。しかし3時55分、突然、操縦席計器板のスモークディテクター(火災警報)に赤いランプがついた。

  チェ機長は午前4時3分、該当空域の管制所である上海管制所に「ファイアー(火災)、ファイアー」と叫んだ。これは国際民間航空機構(ICAO)の航空管制システムを通してアシアナ航空のソウル五釗(オセ)洞の本社と済州管制所に伝えられた。

  チェ機長は「済州南西側76マイル(122キロ)地点、高度7600フィート(2.3キロ)で貨物室から出火し、済州空港に回航する」とし「イマージェンシー(非常)、イマージェンシー」と通知した。

  しかし数分後の4時12分、管制所とチェ機長の連絡は完全に途絶えた。海上警察と海軍は4時41分に連絡が切れた海域に救助チームを出動させた。6時50分、済州南西130キロの海域で残骸物を発見した。

  以上は済州南西側の海に火災で墜落したアシアナ航空貨物機OZ991便の状況を再構成したものだ。

  この日の事故でアシアナ航空本社に衝撃が広がった。アシアナは18年間にわたり「無事故」を続けてきた。アシアナ航空は1993年7月26日、ソウル発木浦(モクポ)行き733便旅客機が全羅南道海南(チョンラナムド・ヘナム)で墜落して以来、事故がなかった。当時66人が死亡し、44人が負傷した。その後「安全に妥協はない」という経営基調で無事故記録を継続してきた。

  韓国の航空機事故で人命被害が発生したのも12年ぶりだ。99年12月22日(現地時間)、大韓航空8509便貨物機が英ロンドンのスタンステッド空港を離陸した直後に墜落し、4人が死亡した。

  アシアナ航空と国土海洋部は貨物室内の危険物質から出火したと推定したが、原因が火災なら韓国民間航空機では初めて火災による墜落例となる。危険物質のリチウムイオンバッテリー、ペイント、合成樹脂(レジン)を400キロほど積んでいた。

  キム・ハンヨン国土海洋部航空政策室長は「危険物質を輸送する時は国際航空輸送協会(IATA)が定めた搭載方法や容器を利用することになっている」とし「しかしそのようにしても時々こういう事故が発生すると聞く」と述べた。

  正確な墜落原因を確認するためには7カ月から数年かかる見込みだ。尹永斗(ユン・ヨンド)アシアナ航空社長は「申し訳なく、深くお詫びする。最善を尽くして事故を収拾する方針」と明らかにした。

  ◇ボーイング747-400F=米ボーイングの貨物専用機。従来の747-200Fを改良し、1993年から製造している。前面部が自動車のトランクのように上に開くのが特徴。アシアナ航空は計9機を運航している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事