暴言・もみ合い・侵入…不穏な空気の韓国憲法裁

暴言・もみ合い・侵入…不穏な空気の韓国憲法裁

2017年02月28日13時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴大統領弾劾審判最終弁論期日の27日、憲法裁判所の前では弾劾賛否デモが続いた。環境運動連合の会員(前)がろうそく集会参加者から受けた弾劾要求葉書5800枚を憲法裁民願室に伝えに行っている。同じ時間、憲法裁正門の向こうで保守性向の団体が弾劾反対デモを行った。
  弾劾審判最終弁論が行われた27日午後、ソウル地下鉄3号線・安国(アングク)駅の2番出口前で、警察官は太極旗(韓国の国旗)を持った人々が憲法裁判所に向かうのを制限した。警察に阻止された太極旗部隊は「警察ではなくスパイだ」「警察がろうそく集会に洗脳された」と声を高めた。暴言ともみ合いも続いた。警察官を押して憲法裁側に進もうとして後ろに倒れる人もいた。憲法裁の前では一日中、1人デモや記者会見が続いた。憲法裁周辺の警察力は倍に増え、記者会見の人員は50人に制限された。

  太極旗を持った20-30人は午前から憲法裁の前で「弾劾無効」を叫んだ。午後には弾劾に賛成する市民団体の記者会見も行われた。午後1時10分ごろ、環境運動連合は「広場のろうそく集会の民心と国民はよりいっそう明確に朴槿恵(パク・クネ)大統領の即刻弾劾を要求している」と述べ、市民から受けた5868枚の弾劾要求葉書を憲法裁に伝えた。30分後にはろうそく集会を主催する「朴槿恵政権退陣非常国民行動」(退陣行動)が書道家チョ・ユンゴン氏が書いた「弾劾、一刀両断」を掲げた。太極旗を持った市民は記者会見中「今すぐにやめろ」と叫んだ。

  退陣行動の記者会見が終わると、保守団体のオボイ連合が「弾劾反対」記者会見を行った。オボイ連合の会員は記者会見が終わった後、憲法裁の前に立っていた。60代半ばのある男性会員は午後3時ごろ「弾劾無効」と叫びながら憲法裁に無断侵入しようとしたが、警察に捕まった。「朴槿恵を愛する会」など親朴団体が集まった「大統領弾劾棄却のための国民総決起運動本部」(弾棄国)の会員約200人は午後5時過ぎ、安国駅付近で「憲法裁解体」を要求して大極旗を振った。弾棄国のチョン・グァンヨン報道官は「憲法裁は自ら憲法秩序を蹂躙して破壊した。今日(27日)の弾劾審判最終弁論は無効だ」と述べた。

  晩にも約30人の「弾劾反対派」市民は「警察から暴行を受けた」として歩道で横になったり警察の盾を足で蹴ったりもした。これら市民は午後8時40分ごろ憲法裁の最終弁論が終わったことが伝えられると解散した。

  賛否双方のデモが続くと、警察は来月1日の大規模な三一節(独立運動記念日)集会でも弾劾賛否集会の参加者を分離するのに総力を挙げると明らかにした。イ・チョルソン警察庁長官はこの日の記者懇談会で「車両や警察兵力で双方をできる限り隔離し、賛成・反対集会参加者の間で摩擦が発生しないようにする」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事