金正恩の執務室がある聖域、労働党本館を韓国側に初公開

金正恩の執務室がある聖域、労働党本館を韓国側に初公開

2018年03月07日10時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は5~6日に北朝鮮を訪問した対北朝鮮特使団を迎え先代の時とは違った自分だけの特色を見せた。特使団が平壌(ピョンヤン)に到着してから3時間で電撃的に接見と夕食を進めたのがその事例だ。

  金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)国防委員長は韓国特使に接見直前まで面談日程を教えなかった。だが今回の特使団は事前に北側と金正恩に会う時間・場所・形式に対し調整し、概ね日程通りに進められた。金正恩が特使団を自身の執務室のある建物に呼んで会談して夕食をともにしたのも特筆すべき部分だ。金宜謙(キム・ウィギョム)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は、「(金正恩との)接見と夕食は午後6時から10時12分まで4時間12分にわたり進められた。労働党本館にあるチンダルレ館で行われた」と明らかにした。

  北朝鮮で金正恩の執務室がある労働党本館(党中央委員会ビル)は聖域も同様だ。韓国の要人が労働党本館を訪問したのは今回が初めてだ。2000年と2007年の南北首脳会談は迎賓館である百花園招待所の会議室で開かれた。韓国政府当局者は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が自身の特使である金与正(キム・ヨジョン)を青瓦台に呼んで会談し歓待したことに対する答礼次元かもしれない。金正恩が笑う姿を北朝鮮メディアに公開するのは自信の表現や特使一行に対する満足の表れ」と話す。また、金正恩は特使団との5日の夕食に夫人の李雪主(イ・ソルジュ)まで参加させた。丁世鉉(チョン・セヒョン)元統一部長官は、「北朝鮮が今回の特使団訪朝を通じ『われわれは国際基準に合致する正常国家』というイメージを植え付けようとするのに注力したとみられる」と解釈した。

  5日の夕食のテーブルセッティングでは国際基準を意識した痕跡も見えた。西欧式正統コース料理の装いを連想させる食器とワイングラスが備えられた。金正恩が格別に好むというワインとともに水参参露酒など高麗人参で漬けた伝統酒も出された。これをそれぞれ注ぐためのワイングラスも4種類が並んで置かれた。

  金正恩にとって今回の特使団訪朝は国際外交舞台に公式にデビューするという意味があった。金正日が死去した2011年12月以降権力を握った金正恩が外国使節と面談しその結果を公開したのは7回しかない。それまで中国共産党代表、キューバとシリアの特使など、友好国代表団との儀礼的接見だった。これまで金正恩が韓国側の人々に会ったのは金正日死去時に弔問のため北朝鮮を訪問した金大中(キム・デジュン)元大統領夫人の李姫鎬(イ・ヒホ)氏と玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)現代グループ会長との短い遭遇がすべてだった。

  金正恩のファッションも先代とは違った。金正恩は人民服を着て現れた。えりが首まで上がる5つボタンの服で、人民服のうち礼服に当たる。金正日は2007年の盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領との首脳会談では濃いベージュ色の野戦ジャンパー姿だった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事