ソニー立て直したイメージセンサー…サムスン電子も追撃に出た(1)

ソニー立て直したイメージセンサー…サムスン電子も追撃に出た(1)

2017年10月12日11時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イメージセンサー=レンズに入ってきた光をデジタル信号に変える半導体、イメージを多くの点(画素)に分けて認識した後にそれぞれの点を電気信号に変える。スマートフォンのカメラに主に搭載され自動運転車などに用途が拡大している。
  1マイクロメートルは0.001ミリメートルだ。すなわち1ミリメートルを1000分の1に分けた単位だ。デジタルイメージの最小単位であるピクセル(画素)を1マイクロメートル以下に減らしたイメージセンサーが世界で初めて出てきた。ピクセルの大きさは小さいほどイメージがさらに細かい点に変換され鮮明な映像を見ることができる。

  サムスン電子は11日、「業界で初めてピクセルを0.9マイクロメートルまで減らした超小型ピクセルイメージセンサーを発売した」とし、「ISOCELLスリム2X7」など新製品2種を公開した。6月に「ISOCELL」というイメージセンサー専用ブランドを立ち上げてから初めての製品だ。

  メモリー半導体中心のサムスン電子が非メモリー半導体に分類されるイメージセンサーにブランドまで立ち上げたのは「イメージセンサー事業を本格的に育てる」という意志が込められている。これだけではない。メモリー半導体を生産する一部ラインをイメージセンサー生産用に転換する。サムスン電子は最近DRAMを生産している華城(ファソン)工場11ラインで来年からイメージセンサーを作る計画だと明らかにしていた。漢陽大学融合電子工学部のソン・ヨンホ教授は「最近需要が急増し供給不足現象に陥っているメモリー半導体工程をイメージセンサー用に回すのはそれだけイメージセンサー市場を重要と考えているという証拠」と説明した。

  イメージセンサー市場でシェア19.4%で2位のサムスン電子の速い動きは爆発的に成長する市場のためだ。2015年だけでも100億ドル水準だったイメージセンサー市場は2020年には150億ドルに拡大する見通しだ。年平均成長率が10%に迫る格好だ。韓国半導体産業協会のアン・ギヒョン常務は「NAND型フラッシュ市場の成長の勢いも脅威的だが、イメージセンサー市場の成長はさらに急なものとみられる。自動運転車とモノのインターネット(IoT)など最近注目される技術市場でイメージセンサーが核心部品に浮上しているため」と説明した。

  イメージセンサーは簡単に言えばカメラが取り付けられたすべてのものに必要だ。カメラが撮影した映像をデジタル信号に転換する半導体のためだ。なぜイメージセンサー需要が急増しているかは携帯電話だけ見てもわかる。カメラがなかった携帯電話に背面カメラが付き、その後前面カメラができたのに続き、背面デュアルカメラ、前面背面デュアルカメラのようにカメラの数が増えている。

ソニー立て直したイメージセンサー…サムスン電子も追撃に出た(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事