韓国の映画祭に参加した日本人監督、スクリーン毀損ハプニング

韓国の映画祭に参加した日本人監督、スクリーン毀損ハプニング

2018年07月18日11時02分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
第22回富川国際ファンタスティック映画祭ポスター
  韓国富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭の舞台あいさつで、ある日本人監督が模造刀でスクリーンに穴をあけるハプニングを起こした。

  鳴瀬聖人監督は14日に京畿道(キョンギド)富川で開かれた『温泉しかばね芸者』の観客との対話会場で模造刀を持ってパフォーマンスを見せていたところスクリーンに穴をあけたという。

  富川映画祭側は「成瀬監督が観客と会ってとてもうれしかったようだ。現在映画館側と問題を話し合っている」と説明した。映画館側は「富川映画祭運営委員会から2日後の16日に連絡を受け、現在経緯を確認している」と明らかにした。

  富川国際ファンタスティック映画祭は12日から22日まで11日間にわたり富川で開催されている。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事