<韓国旅客船沈没>暗礁ではなく無理な「針路変更」が沈没原因?

<韓国旅客船沈没>暗礁ではなく無理な「針路変更」が沈没原因?

2014年04月17日13時51分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  17日、韓国海洋警察は珍島沖で沈没した旅客船セウォル号の船長と乗務員らを対象に調査を実施した結果、沈没事故の原因を無理な「変針」による外方傾斜との暫定結論を出した。変針というのは、旅客船や航空機の運航などで主に使う用語で、航路を変更することをいう。

  航路を変更するために船首を回す変針点で急激な回転により、旅客船に積載されたコンテナなどが片側にかたよって船が転覆したというのが海洋警察の説明だ。乗客が「ドン」という音を聞き、船が座礁するまでジグザグ運航をしたという証言から推測すると、衝撃音は急な変針で傾いた貨物が船体にぶつかった音だと推定されている。

  海洋警察はまた、事故旅客船の出発時刻が当初より2時間ほど遅れ、航路を変えて運航したという疑いについての調査も行っているという。

  

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事