【コラム】THAAD、韓中両国の出口戦略を悩む時(2)

【コラム】THAAD、韓中両国の出口戦略を悩む時(2)

2017年04月20日17時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  THAADは、弾道弾迎撃ミサイル(Anti-Ballistic Missile、ABM)の一種だ。弾道ミサイルの迎撃には、ブースト段階(Boost-Phase)、中間コース段階(Midcourse-Phase)そして終末段階(Terminal-Phase)がある。THAAD(Terminal High Altitude Area Defense)は名前通りに終末段階で迎撃することだが、PAC-2、またはPAC3のように低い段階ではなくて高い段階で迎撃する。THAADは、探知システムであるAN/TPY-2レーダー(高性能Xバンド・レーダー)から送られた情報を通じて標的を捜索し、破片弾頭方式でない直撃(Hit to Kill)方式の運動エネルギーで敵の弾道ミサイルに衝突して破壊させる。

  中国が敏感に反応するのはTHAADの目と呼ばれるAN/TPY-2レーダーだ。韓国は終末段階モード(Terminal Mode)で運営され600キロ程しか探知できないと主張しているが、中国は前進配備モード(Forward Base Mode)に変える場合、最大2000キロが離れた中国内陸を探知でき、これが米国のグローバルミサイル防衛(MD)体系とつながる可能性があると考えている。

  韓国政府がTHAADの探知システムは終末段階モードなので中国が懸念する必要がないと何度も強調しても中国は信じていない。日本が東海岸に2台のAN/TPY-2が前進配備モードで中国を探知していることに対して抗議を受けたという記事を読んだことがない。

  特に、韓国の探知システムを信じないなら、THAAD砲台を直接運用する米国との談判を通じて確認するほかはない。4月6~7日間、米国フロリダで開催されたトランプ大統領と習主席国家主席との米中首脳会談で北朝鮮の核・ミサイル問題の解決のためにすべての選択肢をテーブル上に上げて十分に意見を交換した。米中間の軍事的信頼関係もある程度改善されたと見られ、レーダー問題に対する不信も解消されるものと見られる。

  中国の文化と自然を愛して中国に知人が多い韓国人は、誤解から始まった中国の一方的なTHAAD報復を納得していない。

  唐代詩人の王昌齢(698-755)の「芙蓉楼送辛漸」という詩がある。王昌齢が江蘇省鎮江で友人の辛漸を送りながら洛陽の知人に自身の心を伝えて誤解を解くために書いた詩と思われる。

  寒雨連江入呉(寒々とした雨が川に降る中、夜に呉にやってきた)/平明送客楚山孤(明け方に友人を見送ると、楚山がぽつんとたたずんでいる)/洛陽親友如相問(洛陽にいる友人がもし、私のことを尋ねたならば)/一片氷心在玉壷(「壷の中にある清く澄み切った氷」のような心をしていると言っておいておくれ) 

  THAAD配備が中国を狙って危害を与えるのではなく、北朝鮮の核・ミサイルに備えた純粋な自衛措置という「壷の中にある清く澄み切った氷(一片氷心)」を中国の友人が分かってくれることで誤解が解けてほしいと思うのが韓国人の心境だ。

【コラム】THAAD、韓中両国の出口戦略を悩む時(3)

【コラム】THAAD、韓中両国の出口戦略を悩む時(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事