<金正男毒殺>容疑者4人の逃走、4日後に現れたところは…ウラジオストク追撃戦

<金正男毒殺>容疑者4人の逃走、4日後に現れたところは…ウラジオストク追撃戦

2017年02月28日13時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今月13日に発生した金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺事件の容疑者、北朝鮮国籍の4人の平壌(ピョンヤン)行きを阻止するため、ウラジオストクで韓国情報当局が追撃戦をしていたことが明らかになった。しかしロシアの協調を得ることができず、結局、追撃戦は失敗したと、ソウルの外交消息筋が27日伝えた。

  消息筋によると、マレーシア捜査当局は事件直後の13日、空港の防犯カメラを通じて北朝鮮国籍の容疑者の身元と、容疑者が事件直後にマレーシア空港から出国したことを把握した。マレーシア捜査当局は国際刑事警察機構(インターポール)に4人の身柄確保のための捜査協力を要請し、事件発生直後からマレーシア側と情報共有をしてきた韓国情報当局も追撃戦に加勢した。イ・ジェナム容疑者(57)、オ・ジョンギル容疑者(55)、イ・ジヒョン容疑者(33)、ホン・ソンハク容疑者(34)の4人の逃走劇は周到綿密だった。

  4人はインドネシア・ジャカルタ→アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ→ロシア・モスクワ(推定) →ウラジオストクと4泊5日、1万6000キロの逃走経路を選択した。情報当局は4人の行方を追う過程で平壌行きの最終経由地がウラジオストクという事実を確認したという。毎週月曜日と金曜日の昼12時20分に出発する高麗航空JS272便が容疑者の最後の飛行機である可能性が高いということを知ったのだ。金正男氏暗殺事件の「スモーキングガン(決定的な手掛かり)」である4人の平壌行きを阻止するため、情報当局は緊急にロシア側に身柄の確保を要請した。1983年のビルマ(現ミャンマー)アウンサン廟爆破テロ、1987年の大韓航空機爆破テロ当時も、容疑者の検挙が北朝鮮の犯行を立証するスモーキングガンだったからだ。情報当局がロシア側に身柄確保のために抑留要請をしたというのは初めて明らかになった事実だ。しかしロシア側は要請を受け入れず出国を認めたという。事件の初期捜査が十分に進展していない状況であるうえ、容疑者も被害者も北朝鮮国籍であるため、ロシアがあえて韓国側の要請を受け入れる理由はなかったと、外交消息筋は分析した。

  この日の深夜、マレーシア現地にいた北朝鮮国籍のイ・ジョンチョル容疑者だけが逮捕され、現地にいた北朝鮮外務省所属2等書記官のヒョン・グァンソン容疑者、高麗航空所属のキム・ウクイル容疑者は大使館に逃避した。情報当局が外交部などと関連情報を共有しなかった点については指摘が出ている。

  情報当局の追撃戦があった16、17日、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官はドイツのボンで開催された主要20カ国・地域(G20)外相会議に出席していた。容疑者の平壌到着29時間後の18日午後6時30分(日本時間)、ミュンヘンで開催された安全保障会議ではロシアのラブロフ外相と30分間ほど会談した。外交部当局者は会談後のブリーフィングで「和気あいあいとした雰囲気の中で会談が行われた」と説明した。しかし「会談で金正男氏暗殺事件には全く言及されなかった」と伝えた。

  尹長官が逃走劇のてん末を知らなかったからだと、政府関係者は話している。元外交安保当局者は「事案の危険度を勘案すると、青瓦台(チョンワデ、大統領府)または国務総理室がコントロールタワーになり、情報当局だけでなく外交当局などを総動員していれば、結果が変わっていたかもしれない」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事