【グローバルアイ】英雄を生む日本、伝説も殺す韓国

【グローバルアイ】英雄を生む日本、伝説も殺す韓国

2018年11月20日08時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  秋が終わるが、日本では野球の熱気が冷めない。甲子園のスター選手のプロ野球新人ドラフト、ソフトバンクが2連覇を達成した日本シリーズ、日本チームの圧倒的優勢で終わった日米プロ野球対決などお祭りムードが続いた。さらに「野球漫画から出てきた」といわれる「二刀流」メジャーリーガー大谷翔平がアメリカンリーグの新人王に選ばれ、列島はまた盛り上がった。

  日本のテレビニュースでスポーツが占める比率はかなり高い。特に野球のニュースが出てこない日はほとんどない。4球団から1位指名を受けて中日ドラゴンス入団が決まった大阪桐蔭高の遊撃手、根尾昂の一挙手一投足、秋田県金足農高の甲子園準優勝の主役投手、吉田輝星の日本ハムとの契約も連日話題だ。米国チームと対戦して連日長打を放ったソフトバンク4番打者の柳田悠岐、さらに新人王の大谷と同行する日本人専属通訳までスターが次々と登場した。

  日本のスター作りはこれだけではない。成功できなかった「隠れた英雄」も多い。18日、NHKはプロの夢を叶えられなかった「野球ルーザー」を集めて社会人野球の覇権に挑戦する宮崎県自動車学校社長のストーリーを扱った。誰かにさせられるわけでもなく野球団の創立にお金を注ぎ込み、13年目にチームを社会人野球選手権本大会に進出させた後、彼は涙を流した。

  先日には静かにプロ野球界を去っていった悲運のスターを追ったテレビ番組も放送された。高校時代に「変化球の魔術師」と呼ばれて1997年にドラフト1位でプロに入団したが、突然の制球力乱調で1勝もできずに引退した投手、死球に対する恐怖から武器の内角直球を投げられなくなった投手の話もあった。番組は女子野球チームの監督、事業家に変身した彼らの現在の姿まで追跡した。

  野球と関係があればないストーリーを作って「英雄」にするのが日本の風土なら、韓国からは正反対の話が聞こえてくる。韓国で「国宝」、日本で「太陽」と呼ばれた宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督がアジア競技大会の選手選抜問題で韓国代表専任監督を辞任した。

  筆者も論議を呼んだ一部の選手の代表チーム合流に100%賛成するわけではない。しかし韓国野球のレジェンドに「のんきに家でテレビを見ながら選手を選抜し、難しくないアジア競技大会の金メダルを楽に獲得した監督」という烙印を押すことには反対する。弱点を見つければ執拗に攻撃し、自分と立場が違えば最小限の権威も認めない最近の韓国社会の断面を見るようだといえば言い過ぎだろうか。

  ソ・スンウク/日本支社長
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事