【コラム】台湾が核で脅かしても中国は沈黙するだろうか=韓国(2)

【コラム】台湾が核で脅かしても中国は沈黙するだろうか=韓国(2)

2017年09月11日15時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国際社会の基本である政経分離原則は消え、時代錯誤的な冷戦時代の敵意だけをギラつかせている。両国が戦略的協力パートナー関係だという甘いレトリックは、悪臭を放つごみ箱に成り下がって久しい。そうしながら、米国トランプ大統領の保護貿易主義に対抗して自由貿易を先導するという習主席の空虚な約束を信じろというのか。THAAD配備は文大統領が8日に明らかにした通り、「戦争を防ぎ、国民の生命を守る最善の措置」だ。万一、中国の目前にある台湾が、北朝鮮のように核で武装して脅威を高めたら、中国は北核に対してのように沈黙するだろうか。そんなことがあるわけがない。

  THAAD配備程度ではなく、台湾を封じ込めて戦争も辞さないだろう。それでも韓国が防御用のTHAAD1砲台を配備したと言ってこのように無差別的な経済報復を行うのは大人のやることではない。THAADが中国を監視する用途だという疑いを持っているなら、星州に来て直接その目で確認すればいい。韓国は米軍を説得していくらでも疑問を解く意志がある。今は中国が落ち着きを取り戻して本質を直視するべき時だ。

  韓国は1989年の天安門事件以降、ふらついていた中国が手を差し出すとこれを握った。韓国戦争(朝鮮戦争)の時、生きるか死ぬかの状況で戦いながらも韓国に決定的打撃を加えた敵だったが、心を開いて友人になった。このようにして1992年に修交した後、四半世紀で中国は韓国の優れた製造業技術を足がかりにして革新を繰り返した結果、経済大国になった。もちろん韓国も成長する中国市場の最大受恵者になった。そのような韓国をこのように手ひどく扱ってもかまわないということか。習主席の「人類の運命共同体を共に築こう」という提案を実現するためには、罪のない韓国企業を困らせるべきではない。その代わり、強行を繰り返す北朝鮮の命綱である原油の供給を中断し、核開発の放棄を説得するべきではないか。

  中国は、北朝鮮の核が発射方向だけ変えれば自分たちにとっても致命的な威嚇になるという事実を誰よりもよく知っているではないか。中国は旧ソ連の解体で孤立した北朝鮮の切実な訴えに背を向け、経済の発展のために韓国と手を握った現実的な国だ。修交1年前だった1991年、トウ小平は釣魚台18号閣で金日成(キム・イルソン)と会って「永遠に壊れない同盟はない」と述べて韓中修交を予告した。釣魚台を力なく後にし、血盟から裏切られて茫然自失とした26年前の金日成の心境を考えた。だが、韓国は経済強国だ。強大国の顔色を伺わずに生存と安保に対して堂々と言うべきことは言ってこそ対等に渡り合える。我々もそろそろ「安保は米国、経済は中国」という幻想の実体を再点検しなければならない瞬間が近づいている。

  李夏慶(イ・ハギョン)/主筆

【コラム】台湾が核で脅かしても中国は沈黙するだろうか=韓国(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事