【時視各角】「表現の自由」の意味をはき違えていた韓国国会議員(1)

【時視各角】「表現の自由」の意味をはき違えていた韓国国会議員(1)

2017年02月01日13時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「個人的な知的能力はずいぶん高いようだが、その人がいるせいで周囲から笑いが消え、疑心暗鬼を生じ…その人が活発にご本人の『知力』を発動しているせいで、彼の所属する集団全体の知的パフォーマンスが下がってしまうという場合、私はそういう人を『反知性的』とみなすことにしている」(内田樹著『日本の反知性主義』より)

  勤勉な一方通行的な知的情熱によって社会の混乱をあおり、そのレベルを落としている社会指導層は意外に多い。ドナルド・トランプ米国大統領のような外国人を除いても、朴槿恵(パク・クネ)・金淇春(キム・ギチュン)・禹柄宇(ウ・ビョンウ)から、最近では表蒼園(ピョ・チャンウォン、共に民主党)議員に至るまで、次々に顔が思い浮かぶ。特に、表議員は旧正月連休の間、深く考えるべき話題を提示した人物だった。個人的にも永遠に悩みが終わりそうにない主題、「表現の自由」に関することだ。

  そうそう。話は、最近、表議員主管によって国会議員会館に展示されて撤去された絵、朴大統領の顔を合成したヌード画『汚い睡り』から始まる。この絵は直ちに女性嫌悪・卑下問題に拡大した。表議員は「表現の自由」と言ってかわしていたが、世論の袋叩きに遭って女性に謝った。そのような一方では、米国でも今回の大統領選挙期間中、ドナルド・トランプの裸体オブジェが設置されとして、依然と表現の自由を主張したりもする。

  大統領の裸体表現は風刺だろうか。もちろん大統領の風刺は保護されるべきだ。ところがなぜ裸体なのか。文化界でも裸体は事あるごとにわいせつ論争を引き起こす。文明社会のわいせつに対する拒否感は、性的欲望のような人間の動物的な欲望をあおるコンテンツが「芸術」だの「表現の自由」だのといった権威の仮面をかぶる時、野蛮と無秩序が横行した学習経験のためだろう。

  そうでなくてもわれわれは皆、何となく分かっている。特定人物の裸体風刺は文化ではなく、嫌悪と嘲弄の表現だということを。トランプの裸体オブジェも単に笑おうとして登場したものではなかった。公開席上で、女性やLGBT、移民者に対する嫌悪や差別的発言をはばからない彼に対する怒りの表現だった。そのような大統領が誕生した米国はいま安寧だろうか。トランプの自分勝手な政策でなくとも、世界の女性たちは彼に反対する行進を始め、カナダではトランプが焚き付けた極右主義に刺激された名門大生が人種主義的テロを犯した。トランプが始めた嫌悪の表現は怒りの拡散として急速に広がっているところだ。

【時視各角】「表現の自由」の意味をはき違えていた韓国国会議員(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事