<アジア大会>韓国人監督が率いる日本バドミントン、最強中国を撃破して金メダル

<アジア大会>韓国人監督が率いる日本バドミントン、最強中国を撃破して金メダル

2018年08月23日07時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴柱奉(パク・ジュボン)監督
  日本バドミントンの「柱奉マジック」が「万里の長城」を崩した。

  朴柱奉(パク・ジュボン)監督が率いる日本女子バドミントン代表が22日、インドネシア・ジャカルタで行われた女子団体戦の決勝(5戦3先勝)で中国を3-1で破って優勝した。

  日本が女子バドミントン団体戦で優勝したのは1970年のバンコク大会以来48年ぶり。1990年北京アジア競技大会から2014年仁川(インチョン)大会まで5大会連続で優勝していた中国を阻止した。

  日本は準々決勝でインドを3-1で、準決勝ではホームチームのインドネシアを3-1で降した。日本を14年間率いている朴柱奉監督の指導力が光った。男子チームは銅メダルを獲得し、女子チームは頂点に立った。

  朴柱奉監督は1992年バルセロナオリンピック(五輪)男子ダブルスで金メダルを獲得し、「シャトルコックの皇帝」と呼ばれた。弱体だった日本は2004年アテネ五輪で惨敗すると、朴柱奉監督を迎え入れた。朴監督は実業チームの影響が大きい日本バドミントンを代表チーム中心に変えた。韓国式の合宿システムを導入し、チームワークと根性を強調した。

  選手たちと沖縄の砂浜を一緒に走り、独学で日本語を習得して選手たちの心を動かした。すると日本バドミントンは2016リオデジャネイロ五輪女子ダブルスで金メダルを獲得した。今回のアジア競技大会出場選手のうち世界ランキング10位以内に入る選手は10人もいる。朴監督は日本で「神様」と呼ばれている。まだ個人戦が残っているため日本バドミントンのメダル獲得は続くと予想される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事