CNBLUEジョン・ヨンファ側「軍入隊、十分な話し合いの末に決定…虚偽事実には厳重対応」

CNBLUEジョン・ヨンファ側「軍入隊、十分な話し合いの末に決定…虚偽事実には厳重対応」

2018年02月05日16時02分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
CNBLUEのジョン・ヨンファ
  4人組バンドCNBLUE(シーエヌブルー)ジョン・ヨンファの所属事務所が、突然の入隊の便りに驚いたファンに「十分な話し合いの末に下した決定で、アーティスト保護のために最善を尽くす」と伝えた。

  5日、FNCエンターテインメントは公式ホームページを通じて「CNBLUEジョン・ヨンファのファンの皆さんに申し上げます」というタイトルのお知らせを掲載して「最近、ジョン・ヨンファに関連する好ましくないさまざまな出来事によって傷ついた多くのファンの方々に心からお詫びの言葉を申し上げます」と口火を切った。

  ジョン・ヨンファは慶煕(キョンヒ)大学校大学院博士課程の進学過程で不正入学があったのではないかとの疑惑が取り沙汰されていた。FNCエンターテインメントの元スタッフだとする人物が、学業は入隊延期が目的で、サイバー講義の場合、代理出席をする場合もあったという話も加えて問題が大きくなった。

  これに関連し、FNCエンターテインメント側は「大学院博士過程の進学は該当学科に対する関心と大学校側の要請などで行われた。ジョン・ヨンファは正常な芸能活動などを理由に合法的な手続きを経て入隊延期をしたのであって、入隊延期手段として大学院博士過程に進学したという主張は事実無根」としながら「代理出席も事実ではなく、これに関連して虚偽事実の流布が続く場合、強い法的対応も考慮中」と公式の立場を出した。

  所属事務所は新たな公式立場を通じて「いかなる理由であろうと、アーティストを体系的に支援し保護することができなかった点に対して重い責任感を感じています。これに対するファンの皆さんの不満と是正および要求事項に対しても綿密に把握しています。虚偽情報の提供、ジョン・ヨンファへの悪質なコメントに関連した持続的な情報提供など、すべての事案に対して徹底した対応方案を講じて進めています。現在はいかなる結果も出ていない状況なので、詳細内容を一つ一つ申し上げられない点についてご理解を求めつつ、今後の進行結果は別途申し上げる機会があると思います」と説明した。

  また「アーティスト保護支援システムを強化し、内部職員に対する管理を徹底します。所属アーティストに対する悪質なコメントを書き込む人や虚偽の事実を流す人に対しては、強力な法的措置および積極的かつ厳重な対応を取っていきます」とファンに約束した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事