浅田真央「キム・ヨナ、小さい時は負けたくなかったが…」

浅田真央「キム・ヨナ、小さい時は負けたくなかったが…」

2018年01月08日16時16分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
フィギュアスケート選手、キム・ヨナ(左)と浅田真央(右)。
  日本の「フィギュアの女王」浅田真央がキム・ヨナや自身のライバルなどについて語った。

  6日TBS系『「バース・デイ 1時間スペシャル』に出演した浅田真央は、MCの東山紀之にキム・ヨナの存在に関する質問を問われて「15歳の時からライバルで注目された。その時は『負けたくない』と思ったが、20代になってからはキム・ヨナ選手がいたから私も頑張ろうと思った」と話した。

  また、浅田は「今はキム・ヨナが滑っていないので残念だと思う。私たちは5歳の時からスケートを始めてスケートとともに成長してきたので、自分ができるところまではできたらいいなと思っていたけれど、みんなそれぞれ道、考え方が違うと思う。一緒に戦ってきた仲間ではあると思うので、また機会があれば…」と口にした。

  一番のライバルについて浅田はフィギュアスケート選手として活動していた姉、浅田舞を挙げた。また、浅田は「ライバルは私自身」としながら「舞台には私一人だ。誰も助けてくれない。どれほど集中して整えた演技するかの問題だと考える」と説明した。

  浅田真央は「2010バンクーバー冬季オリンピック(五輪)」銀メダル、世界選手権3回優勝(2008年、2010年、2014年)を占め、2017年4月に引退した。キム・ヨナは「2010バンクーバー冬季五輪」金メダル、「2014ソチ冬季五輪」銀メダル、世界選手権優勝2回(2009年、2013年)を記録した後、2014年に引退した。現在は「2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪」の広報大使として活動中だ。

  一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11月、公明党の山口代表に面会した席で「過去キム・ヨナ選手と浅田真央選手が善意の競争を繰り広げて世界トップの選手に発展したように、平昌五輪が両国の優秀な次世代選手たちが参加して共に成長できる舞台になってほしい」と述べたことがある。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事