【社説】非情な、あまりにも非情な2013年韓国社会

【社説】非情な、あまりにも非情な2013年韓国社会

2013年04月09日13時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  精神異常症状を患った20代の女性が、真っ昼間に一糸まとわず10分余りの間、歩き回った。4日、地方のある都市で起きたことだ。どこの誰も、この女性の恥ずかしさをかばってあげなかった。警察が出動してレインコートで恥部を隠すまで、後を追いかけて携帯電話で動画を撮った人々もいた。ある人々は車窓を開いて、通りを闊歩する女性の写真を撮ったという。女性の写真と動画はインターネットやモバイルメッセンジャーを通じて急速に広まった。他人の不幸から目をそらすのも非難されることなのに、さらに一層ひどい、淫らな冷やかし感覚で流布させる振る舞いはあきれるほどだ。他人の苦痛を楽しむ末梢的な苛虐性とのぞき症の極致を見るようだ。

  私たち韓国の社会が、なぜこんな有り様に至ってしまったのか。隣人の不幸を楽しむ共同体は、決して健康だとは言えない。誰でも被害者になりうるためだ。しかもこの女性は精神が正常ではなく治療を受けている難しい状況に置かれていた。自分の家族の中の誰かがこんなことを体験したと考えるならば、追いかけて携帯電話で撮るようなことはできないだろう。

  このかわいそうな女性の家族は、写真と動画を撮影して流布した人々を処罰してほしいと警察に陳情したという。他人の恥部を撮影してインターネットにアップし、これを無分別にまき散らした行為は、深刻な名誉毀損であり、明らかな実定法違反だ。警察は関係者を探し出して厳罰に処するべきだ。今回のことを契機に、韓国の私たちの共同体意識の現況を振り返ってみる時が来ている。私たちの社会は、過度な競争にさらされながら、ますます自分のことだけを考える極度の利己心、他人の不幸を共感できない極端な不感症を見せている。家庭や学校での人間性教育と共同体意識教育が急務となっている。このような荒廃した社会では、未来の希望を見出すことはできない。“易地思之”(相手の立場で考える)の心を持てるように、しっかりと教えなければならない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事