「チョン・ジヒョン氏、結婚説」報道に3千万ウォン賠償

「チョン・ジヒョン氏、結婚説」報道に3千万ウォン賠償

2005年07月06日13時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

ソウル地方裁判所民事合意25部(キム・ソンフム部長判事)は6日、映画俳優の全智賢(チョン・ジヒョン)氏と所属事務所のIHQが全氏の結婚説を報道した(株)ニューシスと該当記者を相手に「虚偽記事で精神的被害をこうむった」として起こした損害賠償請求訴訟で「被告は原告に3千万ウォン(約317万円)を賠償せよ」と原告一部勝訴の判決を言い渡した。

  全氏はニューシスが昨年9月「映画俳優の全智賢、11月に所属事務所社長と結婚」というタイトルの記事で「全氏がサイダスHQのチョン・フンタック氏と11月ごろ結婚することにしているが、日程が遅れることもある。特に全氏が積極的に結婚の日取りを決めるものと伝えられた」という内容で報道され、10億ウォンの損害賠償請求訴訟を起こしていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事